[WBS] ふるさと納税の経済効果を検証!「網走の毛ガニ」が125倍の売上高!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

毛ガニの身をほぐして甲羅に詰めたものですが、北海道網走市のふるさと納税の返礼品です。

返礼品が魅力的だと寄付金がたくさん集まるだけでなく、地元への経済効果も生まれます。

しかし一方で金券など地元とは関係のなさそうな返礼品もまだ数多く出品されています。

株式会社さとふる

12月6日に発表されたのはふるさと納税の返礼品による経済効果。

さとふるの青木大介取締役兼COOは、

ふるさと納税の効果を明確にして良い取り組みが全国に広がればと研究した。

調査をしたのは事業構想大学院大学とふるさと納税ポータルサイトを運営するさとふるです。

その地域で生産・加工された返礼品とそうでないものを比べると最大6倍、地元への経済効果に差が出ると試算します。

例えば北海道網走市では・・・

有限会社牛渡水産

オホーツク海のすぐそばにある水産会社では地元で取れた毛ガニを使った返礼品を生産しています。

釜で茹でたカニの身をひとつひとつ手作業でむき、カニ味噌と一緒に甲羅に盛っていきます。

出来上がりはご覧のように丸い形。

商品名はその名も「ケダマ(3,980円)」。

このケダマ一つにカニ1杯分の身が詰まっています。

「特徴は?」

牛渡水産の牛渡貴士さんは、

網走産の毛ガニは身が立っている。

特産品として網走産のみにこだわってケダマを作っている。

特別に試食してもらうと・・・

天野博幸記者、

味が濃い、すごく甘いし、ギュッと味が詰まっている感じがします。

返礼品に選ばれたことでこの会社には大きな影響が、

ふるさと納税をきっかけに個別で注文してくれる方が増えたので、その対応をしていくと計算してびっくりしたが売り上げ125倍。

以前は卸がメインだったものの、今ではケダマの販売数は年間1万個を越えるほどに。

さらに雇用にも影響が、

まずパート従業員の働く日数が劇的に増えた。

流氷で漁に出られず仕事が減る時期にもケダマの発注に対応するため、従業員の仕事も増え収入アップにもつながるようになったといいます。

小さい企業でも知りえなかったお客様とつながるきっかけになる素晴らしい制度だと思う。

アマゾンのギフト券で大幅税収

一方、別のアプローチで注目を集めているのは和歌山県高野町。

返礼品は旅行券で還元率はなんと5割。

静岡県小山町の返礼品はアマゾンのギフト券、還元率は4割。

3月30日、野田前総務大臣は、

返礼品を贈る場合は地場産品が適切。

良識ある対応をお願いしている。

総務省は寄付額の3割以内、地域の特産品以外を贈らないよう全国の自治体に通知していますが、これを完全に無視したかたちです。

小山町の言い分は・・・

小山町役場のシティプロモーション推進課、勝又徳之課長は、

なんとか自主財源を確保しようと。

まだ法律的に整備されていないし、寄付が多く集まったので継続的に続けようと。

小山町が見込む今年度の税収はおよそ37億円。

ふるさと納税で集まった寄付はすでに70億円を超えています。

公園や橋の整備に活用するといいます。

通知を守らない自治体について菅官房長官は12月6日、ふるさと納税の対象から外すように法改正を検討していると改めて強調しました。

もし法改正されることになったら、

しっかり制度にのっとった形で運用していきたい。