スポンサーリンク

[WBS]マヨネーズもマーガリンも値上げ!なぜ?「食用油」が高騰[楽天証券株式会社]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

私たちの食生活に直結する問題です。

去年5月から1年間であるものの国際価格が急増しています。それが大豆油などの食用油です。

この油の価格の高騰を受けて一部で値上がりしているのが家庭用食用油やマヨネーズ、マーガリンなどです。

さらに今後はドレッシングや缶詰、菓子といった油を原料の一部に使うお馴染みの加工食品にも値上げの影響が及ぶ可能性が指摘されています。

なぜいま油の価格の高騰が起こっているのでしょうか。

楽天証券株式会社

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場のお買い物のポイントが+1倍!取引や残高に応じて楽天ポイントが貯まる、使える楽天証券でおトクに資産形成を始めよう!

東京・練馬区のスーパー「アキダイ 関町本店」を訪ねると・・・

「このところ動きがある食品は?」

アキダイの秋葉弘道社長、

食用油。断続的に値上がりしている。

4月の段階で20円ぐらい上がった。6月にまた値上がりがある状況。

このスーパーの社長によると4月に1リットルの食用油がメーカーからの卸売価格で平均20円ほど値上げに。やむなく店舗の販売価格でも12円の値上げに踏み切りました。

さらに来月も値上げが予想されているといいます。

短い期間で価格が2回上がるのはだいぶ厳しい状況。

通常、特売の目玉にもなるという食用油ですが・・・

「4月に上がってまた来月も?」

上がりますよね。2段階で上がると聞いていて揚げ物を減らそうと思っている。

つらいですけど買わないわけにはいかないので。

油はマヨネーズやマーガリンの原料になるため各メーカーは商品の値上げを余儀なくされています。

なぜいま油の価格が上がっているのでしょうか?

食品市況に詳しい楽天証券経済研究所の吉田哲さん、

穀物高によって食用油高になって一般のマーガリンやマヨネーズに波及。

需要が高いというのに加えて食用油に関連する穀物が上がっている。

食物油の原料である穀物が世界的に高騰しているのです。

アメリカ産の大豆が寒波の影響で減産となっていることに加え、新型コロナの影響から回復基調にある中国での需要が拡大していることも要因となっています。

そのため食物油の代表格、大豆油の先物取引の価格は1年前に比べておよそ3倍近くになりました。

揚げ物やマーガリンに使うパーム油や菜種油の価格も同様に上昇しています。

穀物の値上がりによる影響はここにも・・・

食用の牛をおよそ300頭飼育している山本牧場。

今年93歳の社長、山本勝康さん、長年この地で牛を育ててきました。

いま直面しているのが牛の餌代の問題です。

トウモロコシが半分近く。

トウモロコシが値上がりすると餌代にかなり響く。

トウモロコシの価格は1年間でおよそ2倍に、それを主原料とする牛の餌代が上がっているのです。

山本牧場では今まで1ヵ月におよそ60トン、300万円分の餌を消費していましたが4月に入ってからは30万円ほど増えました。

トウモロコシがない餌は考えられない。代わる餌がない。

トウモロコシの量が集まらない。世界的に量が多い。

さらに去年、コロナの影響で外食業界への卸量が減り、600万円ほどの赤字に。今回の餌代の高騰と二重の打撃を受けています。

今後もこの状況が続くと畜産業界に与える影響は深刻だと山本さんは危惧しています。

過去からの牛舎がだんだん辞めてきた。

辞めた一番の大きな要因は餌代。

今回も人によっては成り立たないで辞める人も出る。かなりきつい。

専門家によると今後、餌となる穀物の価格の上昇が長期化した場合、牛肉や豚肉などの市場価格の値上がりにつながる可能性があると指摘します。

餌の価格が上がれば牛や豚、鳥を飼育するコストが上がる。

上がる分を末端の製品に反映するのは自然。高い状況が続けば食生活に影響する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました