スポンサーリンク

[WBS] 「家具・家電付き」の賃貸物件が人気!敷金・礼金ゼロ・・・入居も簡単!?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

住まいのあり方が変わるかもしれません。

ここ最近増えているのが敷金礼金ゼロ。身一つで入居可能な家具・家電付きの賃貸物件です。

大手物件情報サイトによると、ここ2年近くで物件の掲載数は3割増えて、問い合わせ数も6倍になりました。

そんな日本市場を狙い、インドの急成長企業が新たに参入します。

OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社

OYO LIFE | オヨライフは内見不要、家具家電つき賃貸サービス
【OYO LIFE/オヨライフ】は、お部屋探しから契約、お支払いまでオンラインで完結する賃貸サービス。最短31日~入居期間が選べます。敷金礼金・仲介手数料0円、内見不要・対面なしで最短翌日入居可能。家具家電つきだからすぐに新生活が始められます。

都内の住宅地にある新築の物件。

「OYO(オヨ)」と書かれています。

2013年にインドで創業したOYOはITを活用し、わずか6年で世界8ヶ国に格安ホテルを24万室展開。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドが出資を決めるなど世界から注目を集める急成長企業です。

そのOYOが日本進出にあたり選んだのは、ホテルではなく家具家電付きの賃貸サービス業でした。

OYO TECHNOLOGY & HOSPITALITY JAPANの勝頼博則CEOは、

いろいろな会社が提供しているマンスリーマンションもありふれているが、提供の仕方が非常に便利で早くて簡単、売り方が新しい。

一体、どこが新しいのでしょうか?

髙梨大輔さん

OYOへの入居を検討している髙梨大輔さん。

リュックサック一つで住居を転々としています。

「特にオフィスに出社しなくてもいいよね」というのが合理的になってきた。

時代が許されてきた感じがする。

髙梨さんはこれまで手軽に泊まれるAirbnbを利用してきましたが、去年の民泊新法施行後に物件数が激減。

その後、マンスリーマンションを利用するようになりました。

マンスリーマンションを契約するフローは結構大変。

必ず書面や身分証のやりとりを伴う。

しかし、OYOの賃貸サービスではスマホ一つで入居できるのが特徴。

保証人は不要で支払はクレジットカードで完了します。

敷金礼金はゼロ、水道光熱費なども込みでこちらの部屋は家賃15万円ほど。

周辺相場より5万円ほど高いですが、

ホテルにチェックインする感覚と大差なく使えるのがすごい。

僕みたいなビジネスパーソンでちゃんと仕事をしたい、クオリティーを保った家に住みたいという人たちを受け入れるのはマンスリーかそれよりももっと割高なホテルしかなくて、ベストのやつが来てくれた。

株式会社Plan C

HOME
株式会社 Plan C(プランシー)ウェブサイト HOME 東京の新築デザイナーズマンションを専門に不動産開発を行う。

一方、日暮里駅から徒歩10分ほどの物件。

OYOに掲載予定の部屋があります。

オーナーに見せてもらいました。

オーナー会社のPlan Cの村上三水さん、

ワンルームタイプの20平方メートルの部屋。

去年の6月に竣工した新築のデザイナーズマンションです。

元々の家賃は9万8,000円ですが、OYOではおよそ14万円で掲載する予定です。

全部で14部屋あるうち、13部屋が埋まっている人気物件ですが、なぜ利用しようと思ったのでしょうか?

広告料、宣伝費がかかるがOYOに貸し出すと、そこが0円になる。

賃貸物件では紹介サイトなどに広告費を払い物件を宣伝するのが一般的ですが、OYOでは宣伝は全てOYOがするため広告費が掛かりません。

もし、入居者が決まらない場合でも、もとの家賃分は支払われ続けます。

ただ、入居者の審査が簡単な故の懸念も・・・

入居者が粗悪な人が入ったとか、この部屋がすごい騒いで、それが理由でほかの部屋が空くと。

いくらこの部屋が家賃保証されていてもあまり意味がない。

株式会社共立メンテナンス

共立メンテナンス|よい朝のために。KYORITSU HOTELS & DORMITORIES
「よい朝のために。KYORITSU HOTELS & DOMITORIES」共立メンテナンスのオフィシャルホームページです。学生会館(学生寮)、社会人寮の管理運営、ビジネスホテル、リゾートホテル運営の他、高齢者向け住宅の運営なども行っています。

一方、富裕層にターゲットを絞り、家具家電付き賃貸に参入する日本企業も。

共立メンテナンスの川野太郎さん、

こちらで朝7時から毎朝ビュッフェ形式で。

30日のサイクルメニューを提供する。

ドーミーレジデンス市ヶ谷では長期滞在者の栄養バランスを考えて、毎日20品目以上のメニューで朝食バイキングを提供します。

家具家電付きで78室ある部屋は1週間ごとにシーツなど寝具の交換を行うほか、英語や中国語に対応したコンシェルジュがタクシーやクリーニングの手配も行います。

運営する共立メンテナンスはビジネスホテル「ドーミーイン」を手掛けていて、そのノウハウを生かします。

値段は月35万円ですが、価格変動のあるホテルの長期利用よりも割安になるといい、4月の入居予約ははやくも9割を超えています。

日本企業の役員クラスの方、海外からの方のお役立ちに抜けている部分があった。今後お役立ちできる機会が増える。

その点に商機があると思っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました