スポンサーリンク

[WBS][ケーザイのナゼ?]復刻商品続々のワケ!あなたの”ギモン”直撃リサーチ[株式会社ツルハ]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

シリーズ「ケーザイのナゼ?」。

こちらの商品は全て過去に売られていたもので復刻商品として最近再び発売されたものです。

ナゼ今、続々と復刻商品が登場しているのか、その理由を直撃リサーチしました。

株式会社おやつカンパニー

おやつカンパニー(-^〇^-)/
ベビースターでおなじみの“たっぷりたのしい”「おやつカンパニー」オフィシャルサイトです。お楽しみコンテンツやキャンペーン情報・商品のご案内・会社案内等を紹介しています。

横浜市にある新横浜ラーメン博物館。

ラーメンの歴史と名店の味を楽しめる施設ですが、その中に駄菓子を売る店「夕焼け商店」があります。

売れ筋は・・・

夕焼け商店の安藤雅章さん。

こちら、ベビースターラーメンです。

これは初代のベビースターラーメンの復刻版になる。

こちらでは1973年の初代パッケージと現行のパッケージの2つが売られていますが、復刻版の方が10倍も多く売れているといいます。

ナゼ?復刻版が圧倒的に人気なのでしょうか。

おやつカンパニーの髙口裕之取締役。

コロナで精神的にも皆さん不安定な状況だと思う。

そういう状況だからこそかつて安定していた日本が成長していった、活気のあった時代に対して深層心理的に興味を持っていくという背景があるのではないか。

令和の今、各社が次々と昔の顔で売る復刻商品を誕生させています。

柏木大治記者。

ファミリーマートではサントリーの烏龍茶が1981年の発売当時の姿で復刻販売されています。

この限定販売の烏龍茶、ラベルだけでなく味わいも昔と同じと話題になっています。

さらにセブン-イレブンでも日清カップヌードルの昭和と平成で一番売れたという復刻商品が限定販売されています。

当時を知らない若者にも人気だといいますが、ナゼなのでしょうか?

これも本当に新商品かと思った。

僕たち世代は見たことがないので楽しい。

中高年世代には懐かしさを感じさせる一方、若い世代にはまったく新しい商品として受け入れられているのです。

そんな中、アサヒビールが28年ぶりに復活させたのが「アサヒ生ビール」、通称「マルエフ」。

1ヵ月で年間計画の半分が売れるほどのヒットとなったため一時休売となってしまいました。

その味はアサヒスーパードライの対極にあるといいます。

アサヒビールの新商品開発部、渡邊航太郎さん。

人と人が疎遠になっていて、人のぬくもりや人情味を求めている。

アサヒ生ビールマルエフという商品こそがまろやかな味わいで、いまの時代にぴったりなのではないか。

さらにこんなものも。

14年前、300万個を販売したヒット玩具「∞プチプチ」。8月に「∞プチプチエアー」として復刻発売しました。

バンダイの真野瑛子さん。

緊急事態宣言が初めて発令されたタイミングでストレスがたまっていた時期があって、いまの時代に「∞プチプチ」を復刻したらおもしろいと思った。

本物の感触に近づけるため今回は空気を閉じ込める方法に変更。

リアルさが受け、1ヵ月半で3万個を売るヒットになりました。

企業が復刻商品を続々と売り出す理由について専門家は・・・

ニッセイ基礎研究所の久我尚子上席研究員。

企業としては強迫観念のように世の中にどんどん新しいものを出していかないといけないと考えていたかもしれないが、いまの消費者の需要からすると古いものの方が響きやすい。

新商品が次々と生まれては消えていく消費大国日本。古いブランドを掘り起こす復刻商品にこそ新たなビジネスチャンスが隠れているのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました