スポンサーリンク

[WBS]日鉄がトヨタを”異例提訴”!クルマ販売差し止めを求める[日本製鉄株式会社]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

日本製鉄は10月14日に鋼材に関する特許を侵害されたとしてトヨタ自動車と中国の鉄鋼大手に対して損害賠償を求めて提訴しました。

歴史的に関係が深い鉄鋼最大手と自動車最大手の間に何が起きているのでしょうか。

日本製鉄株式会社

日本製鉄
日本製鉄のオフィシャルサイトです。新日本製鉄と住友金属が統合して誕生した新日鉄住金は、2019年4月に商号を変更し、日本製鉄として新たなスタートをきりました。私たちは、世界最高の技術力とものづくりの力で、鉄事業を通じて社会に貢献する「総合力世界No1の鉄鋼メーカー」を目指します。

これは電磁鋼板と呼ばれる高機能な鋼材。

電動車のモーターなどに使われ回転時のエネルギーのロスを抑える高い機能を持つとされています。

この電磁鋼板をめぐり製造する日本製鉄は特許を侵害されたとしてトヨタと中国の鉄鋼大手、宝山鋼鉄に対しそれぞれおよそ200億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴しました。

日本製鉄によると自社が持つ電磁鋼板の特許を中国の宝山製鉄が侵害して製造。

それを購入したトヨタが車の製造と販売をしたことを問題視しています。

またトヨタに対しては対象車の製造と販売を差し止める仮処分を申し立てました。

宝山鉄鋼の電磁鋼板が搭載された車種や台数は明らかになっていませんが、トヨタはすべての電気自動車やハイブリッド車のモーターに電磁鋼板を使用していて影響は小さくなさそうです。

トヨタは「材料メーカー同士で協議すべき事案であると認識しており、弊社が訴えられたことについては大変遺憾に感じております」とコメントしました。

日本製鉄は長年トヨタに対して自社の電磁鋼板を供給してきましたが、去年トヨタは宝山からも電磁鋼板の調達を決定。

この取引関係の変化が今回の特許侵害をめぐる訴訟に影響しているのでしょうか。

日本製鉄の関係者は・・・

そもそも宝山から採用しなければ特許侵害はないでしょう。

採用したから侵害があったということ。

日本製鉄とトヨタの間には鋼材価格をめぐって対立した経緯もあり今後の行方が注目されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました