[WBS] 自宅で「人間ドック」が受けられる!?「がん」も「糖尿病」も2万円で・・・!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

医療費の抑制が叫ばれる今、予防医療が重要となっていますが病気を早期に発見するための検診はあまり受けられていないというのが実情です。

例えば日本では「がん」が死因のトップとなっていますが、がん検診の受診率は約4割と低いです。

受診をしないのは何故かというと「がん検診などを受ける時間がない」さらに「費用負担が大きい」ことが理由として上げられています。

こうした中、時間がなくても受けられる、安くて手軽な検診サービスが続々と登場しています。

ハルメク・ベンチャーズ株式会社

ハルメク・ベンチャーズの松尾尚英執行役員、

誰でも、どこでも検査ができるキット。

11月1日、都内で発表されたのは自宅で人間ドックと同等の検診が受けられるという製品です。

今の血液と尿から現状の体の変化を調べて病気のリスクを調べる。人間ドックで調べるような検査ができる。

「おうちでドック」は2万円ほどで購入可能で自分の血液と尿、生活チェックリストを送るだけでがんと糖尿病などの生活習慣病、18種類の病気のチェックができるといいます。

おうちでドック

丸田佳奈記者、

こちらのキットを使って血液検査をしたいと思います。

少し痛いですが一瞬で終わります。

細い針が出る器具で指を刺し、採取した血液を濾過すると血液中に含まれる成分、透明な血漿が取り出せます。

すぐに処理をすることでその後の検査の精度が安定するといいます。

一方、採取した尿は雑菌を増やさないよう真空状態で保存。

結果は検体を送ってから2~3週間ほどで送られてきます。

病気のリスクは血液中の腫瘍マーカーなどから判定していて精度は実際の人間ドックとほぼ変わらないといいます。

この製品は11月1日からネットで販売。

すでに従業員向けに導入を検討している企業もあるといいます。

体が気になっているが受診していないのが現状。キットできっかけをつくって病院に行ってもらい、受診率アップに貢献していきたい。

日本生命保険相互会社

簡易的な検診に今、大企業も注目しています。

日本生命保険は10月に企業や個人の健康管理をサポートする専門の部署を立ち上げました。

サービスのひとつががんの早期発見を目的とした簡易検診です。

株式会社サリバテック

わずかな唾液を検体として提出するだけで検診ができるサービス「サリバチェッカー」。

現役の医師が運営するベンチャー企業「サリバテック」が開発したもので、日本生命が普及の後押しを担っています。

日本生命保険のヘルスケア事業開発部、神谷佳典部長は、

病気(がん)を早期発見し、早く治療に入ってもらう。こういう予防・早期発見のサービスを提供する。

大泉中央クリニック

検診は現在、都内の4つの医療施設で実施されています。

大泉中央クリニックの砂村眞琴院長、

自然に出てくる唾液を流し落とす感じです。

こちらでは唾液の分泌を促す梅干しも用意されています。

益田健二郎記者はストローを使って口に溜まった唾液を採取します。

採取した唾液はすぐに冷凍保存します。

この検体を研究施設で分析、体の中にがんがあると唾液内の代謝物質の濃度が上昇します。

こちらでは複数の代謝物質を組み合わせた独自の「がんのリスク値」を算出。

検診ではがん患者と非がん患者、そして自分のリスク値を比較します。

自分の数値ががん患者と同じくらい高い場合はがんの可能性が高いとして医師から精密検査を勧められます。

調べられるのは「口腔がん」「肺がん」「乳がん」「膵がん」「大腸がん」の5種類のがん。

特別にこちらの病院で検診をした50代、女性の結果を見せていただきました。

膵臓がんと大腸がんが高めに出たので。

こちらの女性はこの結果を見てCT検査と大腸の内視鏡検査を受けました。

結果、大腸にがんになる可能性のあるポリープを発見。すぐに切除することでがんを未然に防ぐことが出来ました。

がんを患うと治療費などで約400万円かかるといわれていますが、この女性は検診の費用と治療を含めて数万円で済んだといいます。

広がる簡易検診。今後の動向に注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました