スポンサーリンク

[がっちりマンデー]あなたの知らない「100周年企業」!(2)[マルマン株式会社]

あなたの知らない「100周年企業」!

マルマン株式会社

Marumanマルマン株式会社
ノート・ルーズリーフ等の製造と画材の輸入。会社概要、商品紹介と環境対応情報。

続いての「あなたの知らない100周年企業」はこちら!

東京都中野区、マルマン株式会社。

こちらもあまり聞いたことのないお名前ですが・・・

マルマンの3代目、井口栄一社長。

「おめでとうございます!」

ありがとうございます!

100周年のお祝いに嬉しそうです。

がっちり!

さて井口社長、マルマンは一体何をしている会社なんですか?

これを作って販売している会社です。

これは!

図案スケッチブックという名前。

図案スケッチブック

正式名称「図案スケッチブック」、一番小さいもので190円。

そう、マルマンはこのスケッチブックを作り続けて創業100周年の会社。

しかも、年に200万冊以上売る業界シェアNo.1。

絵を描く道具ということでお客様は幼稚園や学校、絵を勉強している学生さんにプロの画家さんと幅広いんです。

おえかきたのしい♡

そしてもうひとつ、このスケッチブックにものすごくお世話になっているのが・・・

われわれテレビ業界のスタッフ。というのは、

おはようございます!

さぁ今日は「〇〇以上、〇〇未満」という事ですね。

スタジオでの番組収録の際にカンニングペーパー、通称カンペとして使われるのがマルマンのスケッチブック。

しかも、なぜかどのテレビ番組も同じスケッチブックなんです。

でも、なんでこんなにマルマンの図案スケッチブックは売れているのか?

それはとにかく細かいこだわりがスゴいから!

一体どういう事なのか?

野村重存先生

プロの話を、ということで本物の画家さんに聞いてみました。

こちらは画家の野村重存先生。

野村先生はテレビ番組「プレバト」で水彩画の先生として出演中。

他のメーカーにも似たようなスケッチブックがあるが、このぐらいの感じがありそうで無い!

図案スケッチブックを数えきれないくらい買った!

先生は得意とする日本全国の風景画のほとんどをマルマンのスケッチブックに描いているんだとか。

先生曰く中身の画用紙が一味違うらしい。

紙って目があるじゃないですか。

その目の深さ、大きさ、デザインが非常に整っている。

パッと見、他のスケッチブックと全然見分けが付きませんが、先生、目とは一体?

鉛筆の芯が引っ掛かりやすい。

滑らかなグラデーションができる。

目が細かすぎるとつるつるして濃淡が出ない。

そうなんです。先生曰くマルマンのスケッチブックは目、つまり紙の表面の凸凹が丁度いいらしい。

実際、別のメーカーの画用紙と比較してみると・・・

確かに違う。

鉛筆で描いてみると、凸凹がはっきりしている図案スケッチブックは奥行きが付けられるんです。

マルマンの遠藤恒夫さん、やっぱり紙にはこだわっているんですか?

学校の美術の先生によくお話を聞き、この紙をずっと開発し、いいモノにしようと更新している。

「あえてそう(凸凹)している?」

あえてそう(凸凹)しています。

さらにマルマンのスケッチブックにはこんな微妙なこだわりも・・・

真っ白ではなく黄色味がかった白。

そうなんです、紙の色をほんのちょっとだけ黄色くすることで陽の光が当たったような温かみを表現しているって細かい!

フロアディレクター

さて、もうひとつのスケッチブックの大口ユーザー、テレビ局でカンペを出すフロアディレクター。

一番大変なのはオールスター感謝祭。

カンペを35冊作る。

こちら、TBSでおそらく一番カンペを出しているだろうオールスター感謝祭を担当、及能貴之フロアディレクター。

マルマンのスケッチブックの良さを聞いてみると、

破りやすい。

ちぎって両面書いておけば、これだけでずっと進行ができる。

テレビ収録の現場ではトークの展開次第で順番が変わったりすることもしばしばあるので、臨機応変にビリっと破れることが大事らしい。

破れ方

別に破れ方までこだわっていませんよね、マルマンさん?

設計でそうしています。

なんとこだわっていた!

破りやすさの秘密を教えてくれたのはマルマンの宮崎工場の井上正弘工場長。

こちら、宮崎県の工場では毎日1万冊の図案スケッチブックを製造。

大型の紙をスケッチブックサイズに裁断し、穴を開けた画用紙にリングを通し、最終チェックとまさにマルマンの心臓部。

さて井上工場長、なぜ破りやすんですか?

図案スケッチブックは角穴。

角穴のため破る力が集中する事でキレイに破る事ができる。

マルマンの図案スケッチブックはオーソドックスなスケッチブックと違い、リングを通っている穴が四角い。

そうすることで破ろうとする力が働いた時に一番端の四角い穴、その一点に力が集中。

するとキレイに順番に破れ、どんどん画用紙が外れていくってワケ。

他にも・・・

ノドと言うんですが、ノドの寸法が2.3mm。

ノドはこの部分。

図案スケッチブックは2.3mmと決まっている。

2.3mmじゃないとキレイに破れないのです。

一見なんてこと無いけれど描きやすさ、使いやすさを追求し続ける。

そんなマルマンだからこそ創業から100周年、スケッチブックのトップメーカーにいられ続けるというわけですね社長。

それなりに儲かっています。

がっちり!

納得です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました