[がっちりマンデー] 儲かる「箱ビジネス」!(3)

儲かる「箱ビジネス」!

スリーエム ジャパン株式会社

3M|3Mジャパングループ
3Mは、サイエンスとテクノロジーを通じて社会の進歩を促し、人々の生活に役立つイノベーションを生み出します。

次にやって来たのは東京・北品川にあるスリーエムジャパン。

付箋紙のポスト・イットやスコッチテープでお馴染みの会社ですが、段ボール箱の運搬に革命を起こしていたの知っていました?

それがこのシートみたいなもの。

ペラッペラのこれが段ボール業界を騒然させた理由を2リットルのペットボトルを6本入れた12キロの箱で見せてもらいましょう!

あっ1枚ずつはがすんですね。

段ボール箱の側面にテープを貼って、もう片方も・・・

スゴい!確かに革命かも!

ディレクターも思わず飛び込んだ!

「めちゃくちゃ重いじゃないですか!なんで?」

このペラッペラのテープで12キロの箱が軽く持ち上がった!

「なんで?」

テープ・接着剤製品事業部長の武田祐二さん、

魔法のテープなんです。

キャリーハンドル

スリーエムが開発した魔法のテープ「キャリーハンドル」。

でも12キロの箱を振り回しても剥がれないってなんで?

3M独自で開発した段ボールの凹凸によくなじむテープを使って剪断製、横にずれない力を発揮できる製品を設計をしております。

重くても剥がれないのは接着剤がスゴいから!

段ボールの表面には意外と凸凹があって接着剤が硬すぎると表面になじまず強い接着力を発揮できない。

反対に柔らかすぎると表面には馴染むけど力が加わると接着剤が変形してこれまた剥がれやすくなる。

3Mは凸凹にしっかりと馴染んで、しかも変形しない接着剤を開発したってことらしい!

人手不足を解消するために簡易に接着できて、簡易に持ち運びできるというところがお客様に受けております。

これまで段ボール箱を片手で運ぶには結束バンドでがっちり結んで取ってをつけるしかなかった。

それがこんなに簡単につけられて重くても大丈夫じゃんってことで人手不足に悩む小売店や宅配業者から注目されているのです。

サイズも5種類もあって22キロまでOKというキャリーハンドル。

で、どんなところで使われているかというと、あのニトリの物流センターであるお客様向けにキャリーハンドルが装着されていました。

これ、何のために付けているのかというと、

ホームロジスティクスのニトリ総合発送センター、浦山和基さん、

コンビニでお客様が商品を受け取る際にハンドルがあることによってお持ち帰りやすくなるというメリットがあります。

便利だというお声は伺っています。

お店だけでなくコンビニ、宅配とこれからバンバン売れそうなキャリーハンドル!

昨年の売上げは前年比50%アップだったというから、

スリーエムジャパンはキャリーハンドルでがっちり!

いきそうだ!

[がっちりマンデー] 儲かる「箱ビジネス」!(1)
レンゴー株式会社 まず最初にやって来たのはレンゴーって会社。 ダンボールの製造販売日本一! その年間売上は6,000億円という箱業界の王様。 そんなレンゴーのお店に見立てたショールームには今売れている儲かり段...
[がっちりマンデー] 儲かる「箱ビジネス」!(2)
中津川包装工業株式会社 次にやって来たのは愛知県春日井市にある中津川包装工業って会社。 でも社名よりもでっかく表示されているのが「ナビエース」! トラックの荷台にも全部ナビエースって書かれている! なんでも箱...
[がっちりマンデー] 儲かる「箱ビジネス」!(3)
スリーエム ジャパン株式会社 次にやって来たのは東京・北品川にあるスリーエムジャパン。 付箋紙のポスト・イットやスコッチテープでお馴染みの会社ですが、段ボール箱の運搬に革命を起こしていたの知っていました? ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました