スポンサーリンク

[WBS] 追跡!銀座超えの時給!富山県の街で何か!?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

同じチェーンのアルバイト募集に掲載されている時給。1,300円が銀座にあるお店、1,500円がある地方都市の時給です。

一体どの都市でこの銀座を超える時給になっているのか、現地を取材しました。

イオンモール株式会社

AEON MALL
イオンモールは、イオングループの中核企業としてディベロッパー事業を担い、ショッピングセンター(SC)の開発・運営に携わっています。

東京から新幹線でおよそ3時間。

やって来たのは石川県との県境にある富山県高岡市。

人口およそ17万人のこの街でいま時給が高騰している場所があるといいます。

それがイオンモール高岡。

イオンモール高岡では9月14日土曜日にこれまであった施設の隣に新たに施設をオープンします。

74の新たな専門店が出店。他にもおよそ900席にもなるフードコートが新設されます。

こうした施設で県内の富山市だけでなく、石川県や岐阜県の一部まで商圏を広げ200万人の来客増加を見込んでいます。

しかし・・・

高島嘉成記者、

こちらにイオンモールの求人広告があります。

詳細を見てみると給与が1,500円になっています。

数ヶ月の期間限定ではありますが、こちらのフードコートでは13店舗中5店舗が時給1,500円でオープニングスタッフを募集しています。

株式会社ペッパーフードサービス

いきなり!ステーキ
いきなり!ステーキオフィシャルサイトです。立ち食いスタイルで圧倒的な安さを実現。銀座から全国へ店舗拡大中です。

いきなり!ステーキもその一つ。

銀座にある店舗と比べても200円高い金額です。

この金額に惹かれて別の店舗から移ってきたスタッフも。

「今までは時給いくら?」

1,000円。

「この店に来て500円上がったか?」

そう、2時間で前の時給の3時間分。

みんなここで働きに来たくなる。

いきなり!ステーキの西嶋友啓マネージャーは、

当初は時給1,200円で募集をかけていたがなかなか人手が集まらなかった。

フードコート内の他の店舗でも1,500円というオープニング時給が出ていたので他のテナントにも合わせないといけない。

人手不足

時給高騰の背景にあるのが人手不足。

高岡市では働き手となる15歳から64歳の人口が5年間でおよそ1割も減少しています。

さらに来月には近隣にある大型商業施設も増床を計画中でオープニングスタッフの募集が重なったことも時給が高騰した理由の一つだといいます。

ただ、近隣の飲食店はその時給では採算が取れないと明かします。

時給は1,000円まで。

「時給1,500円は出せないか?」

ちょっと特別。

「働き手は?」

少ない。やっぱり。

働き手がいないから時給を良くして来てもらおうと思っているのでは。

景気回復を伴わない地方での人件費の高騰は地元経済にどのような影響を与えるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました