[WBS]【THE行列】「再起をかけた」かき氷!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

車を走らせていると目に飛び込んでくる行列があるのですが一体なぜこんなところに?と思わずにいられません。

沖縄cafe 果報

沖縄Cafe・果報|沖縄カフェ・カフーは、浜松・浜名湖の畔にある、かき氷と沖縄雑貨のお店です。
浜松、浜名湖の畔にたたずむ沖縄カフェ&グッズ&かき氷のお店です。浜松の浜名湖の畔で沖縄の風を感じに来ませんか?沖縄の海を愛するオーナーがお待ちしています。

静岡県浜松市。

県道で車を走らせていると多くの人が集まるガソリンスタンドが・・・

誰一人給油する様子はありません。

目的は一体?

昔から有名。

かき氷。

かき氷?

お客様のお目当ては山盛りのかき氷。

ガソリンスタンドでかき氷。

異色の組み合わせの理由とは?

かき氷

静岡県浜松市のガソリンスタンド内にある沖縄CAFE果報。

行列ができる店と聞いて早めに来たつもりが想像以上に並んでいた。

夏場は開店から閉店までお客様が並び続けます。

沖縄カフェという名の通りシーサーなどの雑貨が並び本格的な沖縄そばを味わうこともできます。

しかし、この時期のお客様のお目当てはかき氷。

おいしい。

果汁が感じられておいしい。ソースが中まで入っている。

一番人気は地元静岡産のイチゴ「紅ほっぺ」で作った自家製ソースがたっぷりかかった「紅ほっぺ」。価格は700円。

さらにマスクメロンのかき氷もこの時期だけの限定商品として注文が殺到。

多くのお客様を魅了するオリジナルのフルーツソース。

旬の時期に採れたものを一気に加工し冷凍保存。

イチゴソースは1トン以上作ります。

店主の古橋秋仁さん、

地産地消がモットー。

ここに来ないと食べられないのがウケている。

こだわりはソースだけでなく主役の氷にも。

地元浜松の水をおよそ3日かけてゆっくり凍らせた自家製の氷。

特徴的なのはその形。

あえて四角ではなく丸氷を選んでいる。

さまざまな氷の形を試し研究した結果、丸い氷が削ったときに絶妙な口当たりになることを発見したといいます。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドの行列店、きっかけは不幸な出来事。

若い人がクルマ離れしていてガソリンの需要と供給のバランスが崩れている。

個人店はガソリンだけでは成り立たない。

15年前、経営が苦しく副業として保険の営業を始めた古橋さん。

しかし、その仕事帰りに大事故に遭い7日間生死を彷徨い無事に退院しましたが、思うように体が動かせない生活が続きました。

働くこともできず塞ぎ込んでいた古橋さんを救ったのは家族が計画した沖縄旅行でした。

最初は景色に癒やされて、海も青いし、緑も原色の緑ですごく癒やされた。

沖縄のおかげで気持ちが前向きになれたという古橋さん。

浜松に戻ると友人に勧められイベントでカフェを出店。

沖縄をテーマにしたマンゴーのかき氷を販売すると・・・

食べ物を提供してお客様に「おいしかった」と言われることがすごく喜びになった。

ガソリンスタンドで給油した人に「良い燃料ですね」と言われることはない。

かき氷でお客様を喜ばせたいと考え、店舗の休憩所を沖縄カフェにリニューアル。

いまでは本業そっちのけの人気に。

ガソリンスタンドの再起をかけたかき氷は今後も行列を作り続けそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました