スポンサーリンク

[がっちりマンデー]儲かる!スゴ請け企業!(2)[レシップ株式会社]

儲かる!スゴ請け企業!

レシップ株式会社

レシップ株式会社|HOME

続いてやって来たのは岐阜県本巣市。

かなりのどかな場所にある下請けならぬスゴ請け企業が、こちらのレシップという会社。

若干薄暗い中、お出迎えしてくれたのは宮澤一次さん。

中に入ると・・・

「なんか嬉しいですね!」

感謝の気持ちじゃないですけど、こんな気持ちを持ちながら仕事していきたいなって風に。

まさに裏方の鏡、スゴ請けの鏡だ。

ではレシップさん、何を作っているんですか?

こちらになります。

なにやら細長いこの機械、どこかで見たことがあるような?

「これは何ですか?」

バスの運賃箱になります。

スゴ請け企業レシップが請け負うのはバスの運賃箱。

その全国シェアはおよそ60%。

都内のバスに関してはほぼほぼレシップの運賃箱が搭載されている。

なんと都内を走るバスに関してはほぼほぼレシップ。確かに見たことある。

でもなんでいろんなバス会社がレシップに発注しているんでしょう?

バスの周辺機械って作るのがめちゃめちゃ難しい!

実は運賃箱を始めバスに付ける機械は使う場所が独特なだけに作るのが結構難しい。

なのでバスのノウハウを持っているレシップはバス周りの色んなパーツで国内トップシェアを誇っている!

例えば「次止まります」ボタンもレシップ製、運賃表示パネルもレシップ、行く先表示器もレシップ。

ということでレシップの売上げは右肩上がりで昨年は過去最高の260億円。

中でも特にがっちりなのがバスの運賃箱なんです。

ところが、

世の中にはいろんな料金を扱う機械がありますが、バスの運賃箱が一番難しい。

何がそんなに難しいんですか?

バスの車内に取り付けるのでスペースが非常に限られている。

確かにバスの運賃箱は運転手さんの隣。

お客様が通る細い出入り口に設置されるのでめちゃくちゃコンパクトにしなければいけない。

しかも箱は小さいのに機能はやたら多い。

支払い口にICカードリーダー、両替機などいろいろ付いている。

小さいスペースにたくさんの機能を盛り込むスゴ請けの技とはどんなものなのか?

秘密を探るべく、いざ工場の中へ。

ここです。

およそ100人の社員さんがバスの運賃箱や表示器をフル稼働で製造中。

「運賃箱の中は見れないんですか?」

中はちょっと・・・

がっちりでもがっちりいけないですね。

お金を扱う機械なので箱の中は撮影NG。

そこでできるだけ細かく運賃箱ならではの工夫を教えてもらいます。

まずは、

運賃箱はバスにつけるのでずっと振動してても大丈なように。

バスに乗っている運賃箱は当然走ったり、止まったりと常に揺れている。

しかしレシップはどれだけ振動してもエラーが起きない細かい工夫を見つけ出したといいます。

それが、

底板に空洞があり、接地面に対して面ではなく線で振動を受けている。

そんな事でいいんですか?

面で受けるほうが安定すると思いましたが振動を受けるよりは振動を受けにくいほうがいい。

なるほどこれが意外と良いらしい。

そしてバスのスゴ請け会社レシップの運賃箱、一番の得意技が、

運賃と一緒に整理券も同時に処理しなければいけません。

バスといえば運賃箱にお金と一緒に整理券が入る仕組み。

箱の中で券とお金を分けるワザがスゴいんですが・・・

スタジオの昴生さん、ここでクイズです。

券とお金をどうやって分けているんでしょうか?

正解はこちら!

あまり教えたくない・・・

実はですね、この運賃箱の中に・・・人毛が付いておりまして、それで整理券と硬貨を仕分けしている。

人毛!?

特別に運賃箱の中の機械を見せてもらうと・・・

ココのですね・・・

人毛がアクリル板に植えられて・・・

運賃箱の中には何やら黒いブラシのようなものが。実はこれ人の毛なんです。

この人毛が運賃箱の中でお金と整理券を分けているんだとか。

実際に試してみると・・・

重たい硬貨が下へ、整理券が毛の上で運ばれる。

確かに人毛が絶妙にお金と整理券を分けているのが分かりますね。

ちなみのこの仕組み、人の毛以外だとコシが強くて両方落ちなかったり、弱くてどっちも落ちたりとうまくいかないんだとか。

レシップのバスならではのノウハウ半端ないです!

レシップは日本のバスを支えてがっちり!

[がっちりマンデー]儲かる!スゴ請け企業!(1)[カイハラ株式会社]
カイハラ株式会社 まずやって来たのは広島県福山市にあるカイハラって会社。 お出迎えして頂いたのは営業部長の稲垣博章さん。 「儲かってます?」 儲かってます! なにやら景気が良さそう! ...
[がっちりマンデー]儲かる!スゴ請け企業!(2)[レシップ株式会社]
レシップ株式会社 続いてやって来たのは岐阜県本巣市。 かなりのどかな場所にある下請けならぬスゴ請け企業が、こちらのレシップという会社。 若干薄暗い中、お出迎えしてくれたのは宮澤一次さん。 中に入ると・・・...
[がっちりマンデー]儲かる!スゴ請け企業!(3)[モリト株式会社]
モリト株式会社 続いてやって来たのは浅草にあるモリトっていう会社。 かなり立派な看板ですが・・・ 社長補佐の佐藤誉至夫さん、ひょっとして結構儲かってませんか? 黒子が大きな声で儲かっているとは言え...

コメント

タイトルとURLをコピーしました