[がっちりマンデー] スゴイ社長たちが大集合!!2019年の新年会を開催!(6)

スゴイ社長たちが大集合!!2019年の新年会を開催!

スゴい社長が選ぶ私の一冊。

続いては・・・

ハウステンボス株式会社

やって来たのは都内某所の巨大な一軒家。

かなり厳重な警備が敷かれている様子ですが、一体どなたのお家なのか?

巨大な扉の先でお出迎え頂いたのはハウステンボスの澤田秀雄社長。

こちらのお宅は澤田社長がプライベートはもちろん、お仕事やおもてなしの場としても使っているんだとか。

中に入ってみると、そこには・・・

上はパーティーする様になってる。こっち側は仕事。

10人掛けのソファを兼ね備えた打ち合わせなどで使用する応接室や数百名規模のパーティーが開催できるパーティールームとまるでホテルか大使館のような豪華な造り。

この豪邸のいったいどんな場所に澤田社長の本棚があるのか?

本棚は意外な場所に!?

「これ地下に行ってるんですか?」

そうそう、地下、地下。

階段を下った先には地下室への扉が・・・

ここ本棚。

本棚

こちらの地下室は部屋全部が本棚という本棚ルーム。

そこにあるのは「孫子の兵法」から気功や血糖値関連の健康系の本などいろいろですが、中でも目立つのが「三国志」「徳川家康」や「竜馬がゆく」といった歴史に関する本。

国が栄えたり滅びたりするのは、やっぱり人がほとんど原因ですからね。

それがどうしてかなというのが非常にわかりやすいから。

「じゃあ滅びないように?」

滅びないように・・・そうだね!

そしてもう一つ目を引くのが倒産に関する本がなぜかやたらと多いこと。

「いっぱいありません?このジャンル。」

いっぱいありますね。

「でも、危なくないですもんね?」

危なくないけど、どうしたら危なくなるか書いてある。

大事なのは常に最悪の事態を想定しておくこと。

豪快に見えて澤田社長、細やかな慎重派なんですね。

さらにこちらの本棚には実は本以外にも大事な物が隠されているという。

なにやら本棚の脇に積まれた箱をどかし始めましたが、一体何が入っているんですか?

「え!何ですかこれ?」

これボールペン。

大砲になっている。

実はこれ、大砲の形を模したボールペン。お値段なんと160万円。

旅好きな澤田社長は国内外の各地に行った記念にボールペンを買い集めるのが趣味らしい。

数百円のものから数百万円のものまでその数なんと1,000種類以上。

私の一冊

では、澤田社長、そろそろ「私の一冊」教えて下さい!

運命を拓く」中村天風。

ものの考え方とか生き方とか非常に勉強になりますよね。

澤田社長が選んだのは中村天風の「運命を拓く」。

思想家の中村天風さんが自身の体験を通じてとにかく積極的な思考を勧めるこの本。

京セラの創業者、稲盛和夫さんや大谷翔平選手も愛読している名著らしい。

やっぱり人生いろんなことがありますからね。

失敗もあれば辛いこともあれば、病気になることもあれば・・・

その時どういう風に・・・心の持ち方ですよね。

常に前向きにという。

H.I.Sやスカイマークを創業し、ハウステンボスを復活させた澤田社長にとって前向きという思考は絶対に欠かせないんですって。