スポンサーリンク

[がっちりマンデー]儲かる!リサイクルウォーズ2021!(3)[株式会社コークッキング]

儲かる!リサイクルウォーズ2021!

株式会社コークッキング

株式会社コークッキング|人間らしく創造的な暮らしを 〜We're Cooking a Better World〜
株式会社コークッキングは、新しいかたちの「場」「しくみ」「ツール」づくりを通して、人間らしく創造的な人々の暮らしを支援する会社です。料理を使って素晴らしい世の中へ"We're Cooking a Better World"

続いて向かったのは東京都港区にオフィスを構えるコークッキングという会社。

「おはようございます。」

おはようございます。

よろしくお願いします。

がっちりとした体型のこちらは社長の川越一磨さん。

「いかつい感じ・・・」

昔、プロレスとかやってたんで。

大学のときに学生プロレスで活躍していたという川越社長。

一体どんなビジネスをやっているんですか?

アプリTABETTEを作っています。

コークッキングが2018年に開始した食事の再利用サービス、その名も「TABETE」。

売れ残ってしまったり余ってしまったり、そういう情報をアップしていただいて一般ユーザーがお店に取りに行ってもらう。

余ってしまった食事とユーザーをマッチングする。

しかもこのTABETE・・・

去年1年間で7万3,000色くらいの販売実績があります。

開始からわずか3年で1,600店舗以上のお店が登録しているというからかなり順調なご様子。

しかし、飲食店の売れ残りを売るとはどういうことなのか、よく分からないので給料のほとんどを食事に使うというグルメAD菊田さんが試しに使ってみることに。

めっちゃいろんなお店あります!

アプリの画面にはショッピングサイトのように様々なジャンルの飲食店が並んでいて、お店をクリックするとどんなメニューが何個余っているかが表示される。

今回は品川区の大井町にある焼鳥屋さん「俺のやきとり大井町」でランチタイムに余ってしまった焼き鳥丼を注文してみることに。

普通なら780円のものを500円で売っている。これがいいと思ったので買います。

売れ残りだけあってかなりの割引価格!

アプリ上で引取予定時間を入力したら、クレジットカードで支払う。

あとは入力した時間にお店に向かい、レジでスマホの購入画面を見せれば店員さんから商品を受け取りってとっても簡単!

めちゃくちゃ美味しいです!

お客さんは商品を安く買えるし、お店は余ったメニューを売れるので良い事尽くしですが、ここで素朴な疑問・・・

わざわざTABETEみたいなアプリを使わなくてもスーパーのお惣菜コーナーのように遅い時間になったらお店で安売りってすれば同じような気も・・・

社長曰く「それじゃあダメ!」」な理由があるんです。

店頭で値引きをして販売してしまうと「あそこは何時になったら安くなる」というお客様が増えてしまってお店のブランド自体を損なってしまう可能性がある。

飲食店の中には売れ残るのは困るけど値段を下げるというのはちょっと・・・というところが結構多い。

そんなお店側にとってもうれしいサービスがこのTABETEなんです。

例えばTABETEに出品すれば安売りに気づくのはアプリの利用者さんだけ!

店頭には割引商品を並べず、レジでそのまま受け取るってシステムなので安売りのイメージがつくこともないってわけ。

実際にTABETEを利用している銀座のお惣菜店「俺のGrandMarket 銀座歌舞伎座前店」では・・・

俺のGrandMarket副店長の財間まどかんさん。

会社のルールで値引きとかは一切していない。

TABETEを出品するときだけ例外で出品させていただいている。

この日出品したのはサンドイッチやクロワッサンなどパンの3点セット。

出品からおよそ45分。すると・・・

決まりました。

出品したパンをお客さんが無事購入。

こちらのお店はほぼ毎日余った商品をTABETEに出品し、1日およそ3,000円の売上げ。

「ちょっとでも売上が増えるとお店にとっては大きいですか?」

はい、大きいです!

がっちり!

さらに秋葉原でラムしゃぶを販売しているめり乃秋葉原本店では余ってしまったラム肉を玉ねぎと炒めて特製のラム丼として販売だっちゃ!

めり乃の料理長、伊藤圭一さん。

ラム丼をきっかけにめり乃を知っていただいて来店につながっているケースはあります。

「新たしいお客さんにつながることもある?」

はい。

実はTABETEがきっかけで初めての飲食店を利用したお客さんのおよそ35%がそのお店のリピーターになっているんだそう。

お客さんは商品を安く買えて、飲食店は売上げアップ、さらにコークッキングも手数料でがっちりと、まさにウィンウィンウィンのこのビジネス。

コークッキングの年商はおよそ2,000万円、2025年には登録店舗数を5万店に伸ばし、年商6億円を目指すということでこれはまだまだ・・・

がっちり!

いきそうですね。

[がっちりマンデー]儲かる!リサイクルウォーズ2021!(1)[株式会社山翠舎]
株式会社山翠舎 最初にやって来たのは長野県長野市にある山翠舎という会社。 よろしくお願い致します。 スーツ姿がバッチリ決まった社長の山上浩明さん。 どんなリサイクルビジネスでがっちりなのか教え...
[がっちりマンデー]儲かる!リサイクルウォーズ2021!(2)[日本環境設計株式会社]
日本環境設計株式会社 続いて向かったのは東京は恵比寿の住宅街にある日本環境設計という会社。 チョコパイが好物だという中村崇之さん。こちらの会社ではどんなリサイクルビジネスをやっているんですか? 服のリサ...
[がっちりマンデー]儲かる!リサイクルウォーズ2021!(3)[株式会社コークッキング]
株式会社コークッキング 続いて向かったのは東京都港区にオフィスを構えるコークッキングという会社。 「おはようございます。」 おはようございます。 よろしくお願いします。 がっ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました