スポンサーリンク

8月20日は「交通信号設置記念日」です。

交通信号設置記念日

今日は「交通信号設置記念日」です。

85年前の1931年8月20日、銀座の尾張町交差点や京橋交差点など34ヶ所に日本初の3色灯の交通信号機が設置されたことに由来しています。

交通事故

昨年の事です。

赤信号で停止していると、後ろから停止しそうなゆっくりとしたスピードでタクシーが近づいてきました。

さすが運転のプロだなとバックミラー越しにギリギリまで寄せてくるなと思っていたら・・・

そのまま「ドン!」っと接触しました。

慌てて運転席から降りてくるタクシードライバー。

日報を確認していて前方を見ていなかったそうです。

ここまでなら仕方ないかと思いました。誰にでも間違いはあります。

ここからのタクシードライバーの行動に問題がありました。

反感を買う行動

10万円払うから、警察には黙っといて!

軽く謝罪した後にタクシードライバーの口から出た言葉です。

車の運転を仕事にしているプロが言うことではありませんよね。

わたしが

それは無理です。警察に事故証明を出してもらいましょう。

というと、あきらかに機嫌が悪くなります。

何度も何度も

10万、払うからええやん!

とりあえず警察に電話をしようとすると偶然にもパトカーが目の前を通りかかります。

警察の方が「どうしました?」というので事情を説明します。

タクシードライバーが示談を持ちかけた話は黙っておいてあげました。

修理代

後日、ディラーに修理見積もりに持って行くと二十数万円の見積もりが出てきました。

あの時、タクシードライバーの示談に乗っていたら十数万円も損をするところでした。

事故を起こしたら、しっかりと警察を呼んで事故証明を出してもらいましょう。

相手の話に乗って示談をすると後から何も補償を受けることは出来ません。

だって事故を起こした事実を証明するものがないのですから。

お互いのために大切なルールです。

今日は何の日
スポンサーリンク
masterをフォローする
「ワールドビジネスサテライト(WBS)」「がっちりマンデー!!」などのビジネスニュースで学び仕事とお金について考えるブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました