スポンサーリンク

断捨離アンの嫁との暮らし「すぐやる人、グズな人」

日記

我が家の構成

わたしは多趣味でコレクター癖のある少し変わり者。社畜として長時間労働に耐えて働くサラリーマンです。

嫁は断捨離アン。そしてミニマリストを目指している1児の母親です。

夫婦でフルタイム勤務で働いています。

そして保育園に通う元気な3歳の息子が一人。

以上が我が家の構成です。

すぐやる人、グズな人

PRESIDENTの特集の「すぐやる人、グズな人」。

改めて自分の仕事を見直すきっかけになりました。

「すぐやる人」は目標を意識して逆算する。

「すぐやる人」は最初の2割の期間で8割まで仕上げる

「すぐやる人」は計画に過度な期待をせずに、ゆねに柔軟な対応をする

仕事に関しては、できるだけ早く行動するようにしていますが、目標に対する意識は正直なところ高くない状態が続いています。

モチベーションを高めようと行動を移すと上司に粉砕されます・・・

その結果、生産性の非常に悪い仕事になっています。

改めて、今の仕事について考えさせられました。

オンラインショップ

わたしは仕事でオンラインショップの運営に関わっています。

先日、新たなオンラインショップを立ち上げる際に、実店舗との関係を上司と確認しました。

一番確認したかったのが、商品の金額と送料です。

実店舗と同じ価格設定で販売するのか?

送料も実店舗と同じにするのか?

この2点を上司に確認しました。

わたしはオンラインショップで売上を上げを作るのなら商品の価格設定は同じでも送料はオンラインショップだけは一律の送料にしたいと何度も伝えました。

しかし実店舗との関係などによって送料も実店舗と同じく地域、サイズ別の送料に決定されました。

少し前に上司の知り合いのIT企業の社長がオンラインショップで購入され、上司にアドバイスを伝えました。

送料が一律でないのはオンラインショップとして致命的。購入を躊躇する。

そしたら上司は、わたしに商品価格を上げて、送料を一律に出来ないのかと急に言い出しました。

とりあえず、上司には決まったことなので急に変更は出来ないし、勝手に変更する権限もないと伝えました。

そして上司に相談して、決めたのは「あなたですよね」とやんわりと伝えました。

そしたら、

売り上げが上がらなくて困るのは自分やで、本気で考えているか?

と言われる始末・・・

本気で困ると思ったから事前に何度も相談して、それでもダメだったから諦めて他の方法で売上を作ろうとしています。

ちょっと知り合いのITに詳しい人に言われたから、変更しなければと思うなんて本当に今までの時間を返して欲しいです。

この上司の下では生産性を上げるのは極めて難しいです。

せめて方向性だけはしっかりと定めて、ブレないで欲しいです。

出来るだけ無駄を削いで生産性を上げたいと思っていても、積み上げたものが無駄にされると生産性も何もありません。

こんなことが会社全体で頻繁に起きているから、長時間労働につながるんでしょうね・・・

疲れる会社です・・・

7月のお小遣い支出

7月4日 110円(ミネラルウォーター)

7月10日 615円(北の物産展で袋ラーメンを購入)
7月10日 100円(自販機でジュース)

7月12日 200円(自販機でコーヒー)

7月14日 256円(コンビニでビール)

7月17日 200円(息子と嫁にジュースを奢る)

7月18日 389円(コロッケ屋さんでコロッケを購入)

7月22日 1,125円(イオンで衝動買いでビールを購入)

7月24日 830円(露天風呂たこ湯の入浴料とドリンク代)

7月29日 1,000円(ジュースジャンケンに敗北)
7月29日 690円(本代(PRESIDENT))
7月29日 621円(ビール代)

7月の支出合計 6,136円

6月の支出合計 13,343円

断捨離アンの嫁との暮らし
スポンサーリンク
masterをフォローする
「ワールドビジネスサテライト(WBS)」「がっちりマンデー!!」などのビジネスニュースで学び仕事とお金について考えるブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました