スポンサーリンク

断捨離アンの嫁との暮らし「洗濯機について」

日記

我が家の構成

わたしは多趣味でコレクター癖のある少し変わり者。社畜として長時間労働に耐えて働くサラリーマンです。

嫁は断捨離アン。そしてミニマリストを目指している1児の母親です。

夫婦でフルタイム勤務で働いています。

そして保育園に通う元気な3歳の息子が一人。

以上が我が家の構成です。

洗濯機について

先日、洗濯機が壊れました。

そして、先週末に我が家に新しい洗濯機が到着しました。

AQUA AQW-GT800

AQUAの生産終了モデル。

個人的には洗濯機は日立製作所かAQUAが良かったので、希望が通りました!

実際に使ってみると、恐ろしく静かです。

以前の洗濯機が壊れかけだったせいか、とても音が大きかったので、本当に驚きです。

脱水の時も、本当に回っている?って何度も確認するほど静かです。これが時の流れなんですかね・・・

お気に入りなところは蓋。蓋が透明なんです。

透明だから洗濯中の中身が覗けるんです!

洗濯中の中身って、意外に面白いです。水が汚れていく様子や脱水されていく様子が覗けるんです。

洗濯機が設置された当日は、息子と2人で何度も何度も覗きに行ってしましました。

あとデザインがいいです。毎回、「ええやん!」って思ってしまします。

蓋を閉めるとボタンも電源とスタートボタンしかありません。

さすが元三洋電機株式会社って思います。

なんで、こな技術を持っている会社が潰れてしまうのか分かりません・・・

アクア株式会社

アクア株式会社の前身は三洋電機株式会社です。
経営不振により2011年にパナソニック株式会社の完全子会社になります。

実はパナソニック株式会社の創業者、松下幸之助さんの奥様は三洋電機株式会社の創設者、井植歳男さんのお姉さんなんです。
そんな縁で三洋電機株式会社の技術力をパナソニック株式会社が受け継ぐことになりました。

しかし冷蔵庫や洗濯機などの部門はパナソニック株式会社がすでに技術を持っているとのことで売りに出されました。
元三洋電機式会株社の社員約3,100人は中国の家電メーカーHaier(ハイアール)に移りました。

2012年2月、三洋電機式会株社から受け継いだ製品はハイアールではなく「AQUA(アクア)」ブランドで展開していくことを発表しました。
さらに今年2016年1月には社名をハイアールアジア株式会社から「アクア株式会社」に変更しました。

6月の支出

6月5日 3,888円(モラタメ・バカルディ48本分)

6月11日 782円(お菓子・お茶代)
6月11日 811円(北海道物産展・お菓子・袋ラーメン)

6月12日 720円(電車代)
6月12日 2,500円(ニフレル)
6月12日 550円(ニフレルでの食事代)
6月12日 800円(昼食代)
6月12日 1,021円(夕食のお弁当代)
6月12日 198円(アイス・ジュース代)

6月18日 1,021円(トミカ代)

6月25日 103円(ミンティア代)
6月25日 510円(御座候代)

6月29日 439円(お昼代)

合計13,343円

断捨離アンの嫁との暮らし
スポンサーリンク
masterをフォローする
「ワールドビジネスサテライト(WBS)」「がっちりマンデー!!」などのビジネスニュースで学び仕事とお金について考えるブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました