スポンサーリンク

[家族旅行予定編] サントリー白州蒸溜所の工場見学

日記

我が家の構成

わたしは多趣味でコレクター癖のある少し変わり者。社畜として長時間労働に耐えて働くサラリーマンです。

嫁は断捨離アン。そしてミニマリストを目指している1児の母親です。

夫婦でフルタイム勤務で働いています。

そして保育園に通う元気な3歳の息子が一人。

以上が我が家の構成です。

家族旅行について

7月に家族で山梨に旅行に行く予定です。

わたしも嫁も山梨は初めて、もちろん息子も初めてです。

今から山梨の行きたいところを調べています。

サントリー白州蒸溜所

世界でも稀な、深い森に囲まれた白州蒸溜所。一歩足を踏み入れると、そこは豊かな自然とたくさんの野鳥たちが出迎えます。「シングルモルトウイスキー白州」となるウイスキー原酒が生み出される、森の蒸溜所の雰囲気を味わってみませんか。

自然豊かな土地だから、色んな工場がある山梨県。

シャトレーゼ白州工場に引き続き、サントリー白州蒸溜所にも行ってみたいと思います。

サントリー白州蒸溜所の有料ツアーは1人、1,000円です。

見学後にはお楽しみのテイスティングがあります。もちろんウィスキーは「白州」。

これは是非とも参加しなければ!と思いましたが非常に残念なお知らせです。

※未成年およびお子様連れの方はご同席・ご参加いただけません。

家族旅行なので3歳の息子ももちろん一緒です。非常に残念なお知らせなので、間違わないようにもう一度書きます。

※未成年およびお子様連れの方はご同席・ご参加いただけません。

これで白州蒸溜所の楽しみの90%が奪い取られました・・・

サントリー天然水南アルプス白州工場

サントリー白州蒸溜所と同じ敷地内にある「サントリー天然水南アルプス白州工場」。

サントリー白州蒸溜所に行くんだったら、一緒に行けば2倍楽しめるはずです。

移動は敷地内を走る電気バスで移動するみたいです。バスに乗る機会の少ない息子は喜ぶはず!

こちらは無料で、試飲もあります。

もちろん、未成年が一緒でも大丈夫!

敷地内には他にもレストランや、白州蒸溜所でしか購入できない商品を販売しているファクトリーショップなど見て回るところが色々とあります。

今回はあまり時間はないと思いますが、楽しんできたいと思います。

6月の支出

6月5日 3,888円(モラタメ・バカルディ48本分)

6月11日 782円(お菓子・お茶代)
6月11日 811円(北海道物産展・お菓子・袋ラーメン)

6月12日 720円(電車代)
6月12日 2,500円(ニフレル)
6月12日 550円(ニフレルでの食事代)
6月12日 800円(昼食代)
6月12日 1,021円(夕食のお弁当代)
6月12日 198円(アイス・ジュース代)

6月18日 1,021円(トミカ代)

6月25日 103円(ミンティア代)
6月25日 510円(御座候代)

6月29日 439円(お昼代)

合計13,343円

断捨離アンの嫁との暮らし
スポンサーリンク
masterをフォローする
「ワールドビジネスサテライト(WBS)」「がっちりマンデー!!」などのビジネスニュースで学び仕事とお金について考えるブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました