ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]ワクチン接種詐欺!接点は投資セミナー 何が…

ワールドビジネスサテライト(WBS)

新型コロナワクチンをめぐる詐欺などの疑いで今週再逮捕された都内のクリニックの院長・船木威徳容疑者。ワクチンを接種したとの嘘の証明書を発行したとされますが、さらに追跡取材すると、ある投資セミナーの存在が浮かび上がってきました。

「ワクチン接種詐欺」を追跡取材
接点の"投資セミナー"で…

佐藤さん(仮名)

これ、自分で買ってみたんですけど1個2,000円だったかな。
コロナウイルスを不活性化させるとか、そんな感じ。

西日本に住む佐藤さん。見せてくれた液体は「コロナウイルスを不活化できる」と言われて2年ほど前に参加していたある"投資セミナー"で購入しました。

セミナーに参加した
佐藤さん(仮名)

まだコロナを騒ぎ出した時期だったので2020年の初め。
「これからウイルスはどんどん感染していって東京は首都封鎖になる」とあおっていた。
講師がもう絶対にワクチンを打ったら駄目という感じのことは言っていた。

このセミナー、講師がワクチン接種に強く反対していたことから参加者の多くが"反ワクチン"だったといいます。

参加者の一人が船木威徳容疑者でした。

セミナーに参加した
佐藤さん(仮名)

船木容疑者を大阪のセミナーで見かけたのは覚えている。

"ワクチンを打たずに証明書だけが欲しい"、船木容疑者にそう依頼をしたとされる北海道と女性の2人はいずれもこの投資セミナーの参加者でした。

警視庁によると船木容疑者らはセミナーに参加後、ワクチンを打つことなくクリニックの近くの居酒屋でうその予診票を作成したということです。

船木容疑者は当初は容疑を認めていましたが、現在は黙秘しています。

実は船木容疑者は以前、自身のFacebookにこんな事を書いていました。

船木容疑者のFacebook

当然、どうしても接種証明書だけを欲しい人たちもいるわけで、実際には接種をしなくても証明書だけを交付しているひとがいるのは、容易に想像できます。

セミナーに参加した
佐藤さん(仮名)

船木容疑者もワクチン否定派。それはそれでいいと思う。
ただ今回やったことはうそをついて金をもらっている。
考えが浅いなと感じた。

船木容疑者のクリニックでワクチンを接種したとされているのは230人。そのうち7割以上が北区以外に住む人で警視庁はその一部が実際は接種していないとみて捜査をしています。

打たれたのは生理食塩水?
"ワクチン接種者"が激白

さらに今、クリニックには別の疑惑が…

ワクチン接種を希望した人にワクチンではない、別のものを注射した疑いが浮上しているのです。

船木容疑者の医院に通っていた
鈴木さん(仮名)

そうです、まさにこちらです。近所なのでよく来ていました。

このクリニックによく通っていたという鈴木さんです。

番組スタッフ

船木容疑者はどんな人だった?

船木容疑者の医院に通っていた
鈴木さん(仮名)

病院の先生としてはすごくいい先生だと思っていた。
テキパキとやってくれたので。
まさかこんなことになるとは当然思ってもいなかった。

鈴木さんは去年8月、クリニックでコロナワクチンの接種をしたはずでしたが…

船木容疑者の医院に通っていた
鈴木さん(仮名)

低い数字が出た。

見せてくれたのはワクチン接種でどれだけの抗体ができたのかを調べる中和抗体検査の結果です。

ワクチンを打ったはずなのに抗体がほぼできておらず、感染予防効果は低いままでした。

船木容疑者の医院に通っていた
鈴木さん(仮名)

知人から「あれは空打ちだった可能性があるので抗体検査をすぐに受けたほうがいい」というアドバイスをもらった。
この結果を見て、やはりその話は本当だった可能性が強い。

鈴木さん以外にも北区の保健所には複数の相談が寄せられていて、船木容疑者がワクチン以外を打った可能性も浮上しています。

船木容疑者は一時、警視庁の取り調べに「生理食塩水を打ったことがある」と供述していたということです。

鈴木さんは幸いコロナに感染しませんでしたが、もし罹っていたらと不安になったといいます。

船木容疑者の医院に通っていた
鈴木さん(仮名)

当然、他の人も私のように空打ちがあるとしたら空打ちの人たちはいると考えた方が自然ではないか。
先生は反ワクチンだった。それは個人の信条だろうからいいと思うが、だったら「うちはワクチンを打たない」とすれば良かった。
今回のことが明るみにならなければ間違いなく今もワクチンを打ったものとしていた。
それが一番怖い。

一般的には生理食塩水を打っても体に害はないとされますが、罪に問われることはないのでしょうか。

元東京地検特捜部検事の郷原信郎氏は…

元東京地検特捜部 検事
郷原信郎弁護士

実は生理食塩水を打たれていたとなると、そのことを知っているのは容疑者、意思本人だけ。
客観的な証拠がないと立証は難しい。

番組スタッフ

抗体検査での極めて低い値、証拠になるか?

元東京地検特捜部 検事
郷原信郎弁護士

状況証拠の一つにはなるが、上がり方は個人差がある。なかなか立証は簡単ではない。

ワクチンの在庫が減っていないという客観的な証拠や本人の具体的な供述がないと立証は難しいといいます。

警視庁では事件の全容解明に向け慎重に捜査を進めています。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-