ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]専用機で20人が到着!身寄り無い避難民初の受け入れ

ワールドビジネスサテライト(WBS)

ロシアによる侵攻でウクライナからポーランドに避難した人のうち20人が4月5日に政府専用機で日本に到着しました。今回、日本に親族など身寄りが無いまま来日した21歳の女性を追いました。

ウクライナ 避難民20人到着!異例の対応"感動の再会"も

午前11時半すぎ、羽田空港に到着した日本の政府専用機。

乗ってきたのはポーランドに避難していたウクライナの人々、6歳から66歳までの男性5人、女性15人の合わせて20人です。

20人は専用機の機内で新型コロナウイルスの抗原検査を受け、全員の陰性が確認されたということです。

身元引受人がいる人は早速滞在先に移動しました。

大阪の空港では37歳の女性ヴィクトリアさんと13歳の息子アンドレイさんの2人は大阪・吹田市で暮らしている母親の元に。今後は吹田市で生活するということです。

ヴィクトリアさんの母
重山ネリさん(59歳)

日本、本当にありがとうございます。
私の家族を助けてくれた。本当にありがとうございました。

政府は今回の入国に関して費用は請求せず、ポーランドにある大使館で可能な範囲で募集し、日本行きの意思を確認した20人を選んだとしています。

難民の受け入れに消極的な日本としては人道的な配慮として異例の対応です。

身寄りなし避難民 今後は?ハンナさん 日本での"希望"

これまで受け入れていたウクライナ人避難民404人は全て身寄りのある人でしたが、今回初めて身寄りない人も対象となりました。

その中の1人、ハンナ・メドベージェワさん(21歳)。テレビ東京ではポーランドから旅出す様子を密着していました。

ハンナさんはロシアとの国境に近い激戦地のハリコフに住んでいましたが、母親と妹の3人で戦火を逃れてポーランドへ。

もともと日本のアニメなどの文化に興味を持っていたハンナさんは日本政府の避難民受け入れを知り、来日を決意しました。

今回、コロナ対策のため隔離されているホテルからインタビューすることができました。

田中瞳キャスター

日本の空気は感じられたか?

ウクライナ人避難民
ハンナ・メドベージェワさん

飛行機やバスの中から太平洋や日本の景色を見られて感動している。

田中瞳キャスター

到着後に家族とはどんなやり取りをしたのか?

ウクライナ人避難民
ハンナ・メドベージェワさん

「無事に日本に着いたか、隊長は大丈夫か、日本はどうか」と聞かれた。
私は「すごくいい気分だ」と答えた。

飛行機に乗るのもヨーロッパから出るのも初めてというハンナさん。3日間の隔離を経て、別のホテルに移った後、住む場所に案内される予定です。

もともとウクライナの大学で音楽を学んでいたハンナさんですが日本での今後については…

ハンナ・メドベージェワさん

ビザの申請書には音楽やボーカルの勉強をしたいと記入した。
日本語の勉強会があると大使館で聞いたので日本語の勉強をして、大学も入学したいし、その後は仕事もしたい。

ウクライナでの不安な気持ちは日本に来ることで前向きになれたといいます。

ハンナ・メドベージェワさん

普段難民を受け入れないアジアの国が受け入れてくれて、ウクライナ人として感動しているし、感謝している。
この先どうすればいいか、いつ戦争が終わるか分からなかったが今は何をやりたいか決まったし、自分の未来も考えている。全部うまくいくと思う。

避難民に住居を提供!日本での生活は?

一足先に日本へ避難してきた方を訪ねました。

ホンチャレンコ・ユーリアさん。都内在住の息子を頼ってウクライナのキーウから娘と一緒に先月20日に日本に。

ホンチャレンコ・ユーリアさん

日本では必要なものはすべてそろっていて安全に暮らせる。
とても思いやりのある人々がいるし、自然もきれいだし、珍しくておいしい食べ物もある。
桜も見てきた。

ここはユーリアさんと娘が暮らす1DKのマンション。昨日入居したばかりです。

不動産仲介会社のアパマンが避難民向けに無償で提供しています。部屋には電子レンジや冷蔵庫などが備え付けられ、すぐに生活できるようになっています。

テーブルには「みんなの日本語」という日本語テキストとノートが。日本での生活に少しでも慣れようとひらがなの読み書きの練習をしています。

生活をしていく上で言葉の壁を感じているといいます。

ホンチャレンコ・ユーリアさん

日本に初めて来た人たちや日本語を勉強したことがない人たちにとって大変。

田中瞳キャスター

覚えた日本語は?

ホンチャレンコ・ユーリアさん

「ありがとう」「きれい」「こんにちは」あといくつか覚えた。

こちらの仲介会社ではおよそ100戸を用意しています。

アパマン プロパティ
プロパティマネジメント事業本部
堀巌太さん

もともと東日本大震災以来、被災者に住宅提供を継続してやってきた。
その延長線で今回も同じように協力した。

ウクライナ避難民に働く場所を!日本語がわからなくても…

避難民の支援は住まいだけでなく、働く場所も。

物流大手の西濃運輸では…

西濃運輸
八田和哉さん

実際に仕分けの作業をするのがこちら。

避難民に荷物を仕分ける仕事を提供する予定です。

西濃運輸
八田和哉さん

こちらは荷物の仕分けする場所を示す看板。

仕分け先はアルファベットと数字で示されているため日本語がわからなくても作業ができます。

実際に仕分けの作業をしてみると

原田修佑キャスター

数字だけを見るので非常に効率が良いと思います。

全国にある拠点から居住地などを考慮して雇用を提供し、仕事をしやすい環境を整える方針です。

西濃運輸 ブランド戦略室
市橋伸介さん

1社でできる支援は非常に限られている。支援の輪が広がるのでは。

ほかにも大手料理教室が就業受け入れを表明するなど政府に支援を申し出た企業や自治体は4月4日までに679件に上っています。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-