ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]ロシアが攻撃強化の根拠に?「ウクライナが領内攻撃」と主張

ロシア 制裁報復に抜け穴!裏には窮地の経済事情

こうした惨状を終わらせようと欧米各国はロシアへの経済制裁を強めています。そうした中、プーチン大統領は制裁に参加する非友好国に対しロシアから輸入する天然ガスの代金をロシアの通貨ルーブルで支払うように命じる大統領令に署名しました。

プーチン大統領。

ロシアのガスを購入するにはロシアに銀行口座を開設し、ルーブルで支払う必要がある。これは4月1日から開始する。

さらにルーブルでの支払いがない場合、ガスの供給を停止すると警告しました。

天然ガスの多くをロシアに依存するドイツなどはルーブルでの支払いを拒否すると一斉に発表。

今後、ガスの供給はどうなるのでしょうか。専門家は…

ロシアNIS貿易会 ロシアNIS経済研究所の長谷直哉主任。

即座にガス市場やエネルギー市場に影響を及ぼすものではないと感じている。

ルーブルでの支払いをしなくてもロシアがガスの供給を止めることはないといいます。

というのもプーチン大統領は今回ルーブルで支払うための特別な口座をロシアの国営天然ガス企業の傘下のガスプロム銀行に開設することも合わせて命じました。実はこのガスプロム銀行にドルやユーロを振り込めば銀行がそれをルーブルに換金して支払ってくれるのです。このため最終的には天然ガスの供給を受けられるというのです。

抜け道を用意したとも取れるこの仕組み、なぜこうなったのでしょうか。

今回の措置はルーブルの価値を引き上げるためのアナウンス効果を狙ったことが1つ。

2つ目は「ガスプロムバンク」を守ること。

「ガスプロムバンク」が制裁の対象に入りにくくするためのけん制。

ロシアの有力銀行の多くが欧米の制裁対象となる中、ガスプロム銀行はまだ制裁の対象になっていません。

天然ガスの輸入に不可欠な存在とすることでこの銀行を制裁の対象にできないようにする狙いがあるといいます。

ロシアにとってもガスの輸入の7割ほどが欧州向けに流れている。

ロシア側もこの関係を切ることはすぐにはできない。

天然ガスの供給停止という最大のカードを切ったかに見えたプーチン大統領の決定。しかし、実際はロシア経済を支えるため抜け道を用意していたとみられます。

アメリカ政府は…

アメリカ国務省のプライス報道官。

ロシア側が経済・金融面で"絶望"している証拠だ。

次のページへ >

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-