ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]ロシアへ追加制裁表明!和平交渉開始も戦闘続く

2022年2月28日

ウクライナ危機 国外脱出へ…避難民700万人の推計も

交渉は始まったもののロシアによる侵攻が続く中、キエフを脱出する人は増え続けています。キエフで会社員をしていたイリナ・マズリクさんもその一人です。

25日に状況がさらに深刻になると知り、キエフを出ることにした。

キエフから450キロほど離れたウクライナ西部の実家へと避難してきました。

キエフでは駅まで3時間歩き、列車を6時間待って、20時間かけてようやく実家にたどり着きました。

それでも電車の中では眠れた。この何日かで一番よく眠れた。

ロシアは24日は未明から夜10時まで、良く25日は朝5時から攻撃を始めた。

2日間は一睡も出来なかった。

マズリクさんの故郷はポーランドやルーマニアなどに逃れる人たちの経由地にあたり、多くの避難者がやってきます。この地域でも1日に何度も警報が鳴るといいます。

避難者の支援を手伝っていて自分のことを考える時間はまだない。

ロシアの人々は侵攻に使う金を生活に回してほしいはず。

プーチン大統領はロシアで自分の国を良くすることに専念すべき。

ウクライナから外国に避難する人も増え続けています。AFP通信によると27日までにポーランドにおよそ19万6,000人、ハンガリー、モルドバにそれぞれおよそ7万人、このほか、ルーマニア、スロバキアにも逃れているとしています。

EUは避難民が700万人に膨れ上がる可能性があるとみています。

一方で外国で暮らしていた人が侵攻をきっかけに逆にウクライナに戻るというケースも。

ポーランド在住のウクライナ人。

ポーランドから何ができる?自分たちの国なんだから。

戦うためにウクライナに戻るんだ。女性、子どもが殺されている。支援してくれ。

次のページへ >

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-