ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]経営再び迷走か!"物言う株主"選任に反対 取締役辞任[株式会社東芝]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

これで経営は一枚岩となれるのでしょうか。

東芝は6月28日に定時株主総会を開き、会社と緊張関係にあった物言う株主の海外ファンドの幹部2人を含む13人の取締役選任案を株主に諮りました。

結果、この2人を含む全員が承認されましたが物言う株主からの受け入れに反対していた社外取締役が総会直後に辞任するという異例の展開となりました。

その東芝の新たな取締役たちにテレビ東京は単独取材しました。

東芝 社外取締役が電撃辞任!「物言う株主」受け入れ…幹部直撃

午前9時ごろ、東芝の株主総会の会場に入る島田太郎社長の姿が…

物言う株主の海外ファンド幹部2人を含む13人の取締役の選任議案などを諮った東芝。

個人株主からは特定の株主に有利な経営に傾くのではないかといった懸念の声も。

東芝の株主

私は反対。株主なのに情報が多く入る人と入らない人がいるのは不平等。

東芝の株主

それはもうやむを得ない。大株主なんで。

物言う株主の2人の候補とはアメリカのファラロン・キャピタル・マネジメントの今井英二郎氏、エリオット・マネジメントのナビール・バンジー氏。ともに会社側と緊張関係にあった幹部です。

午前10時から始まった株主総会。株主から利益相反の懸念はないのかと問われると…

柳瀬悟郎副社長

株主からの代表が取締役会に参加することにより、株主と経営陣はより足並みをそろえることができると考えております。

と説明。

しかし、株主からは…

柳瀬悟郎副社長

主要株主の推薦する方を選んでいるんですよね。そもそもその段階で独立性を持っていないじゃないですか。

物言う株主からの受け入れをめぐっては現職の社外取締役、綿引万里子氏が「特定の株主に偏っていると見えると言わざるを得ない」などと事前に反対を表明する異例の展開に。

東芝の関係者によると綿引氏はこのときすでに周囲には辞意をもらしていたといいます。

6月28日の総会でも綿引氏は…

綿引万里子社外取締役

私は多くの株主の方に対する善管注意義務を果たすことができないのではないか。

改めて反対の意思を株主に示したのです。

そして…

伊大知明宏記者

たった今、結果が出ました。東芝側が議案として出していた取締役選任案、13人全員が可決されました。

前日までの暫定値で物言う株主の2人の候補にはともに75%以上の賛成がありました。全体のおよそ半数を占める海外投資家の多くが支持した模様です。

この結果を株主は…

東芝の株主

ファンドの場合、やっぱり金もうけで商売だから来ている。
そういう人を選ぶのはどうかなというのはある。

東芝の株主

会社がいいほうに変わるのであれば一つの道のりかと。

総会後、本社に戻る島田社長。しかし、このあと予期せぬ事態が襲います。

新たに選任された13人による初めての取締役会。その直前に物言う株主の受け入れに反対していた綿引社外取締役が突如、辞任を申し出たのです。

辞任の理由について綿引氏は…

綿引万里子社外取締役

取締役会が一体となって進むためには自身が辞任することがふさわしい。

取締役会を終えた物言う株主の幹部、今井氏に聞きました。

番組スタッフ

改めて取締役になった感想は?

東芝
今井英二郎取締役

続いて幹部たちは…

番組スタッフ

今の取締役会について?

東芝
柳瀬悟郎副社長

頑張ります。

かつて物言う株主から出資を受け入れ、現在の経営の混乱を招いたともいわれる綱川智元社長は…

番組スタッフ

今の状況をどう考える?

東芝
綱川智元社長

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-,