スポンサーリンク

[がっちりマンデー] 年間売上げ4,300億円「東京メトロ」(2)

年間売上げ4,300億円「東京メトロ」

東京地下鉄株式会社

密着!駅員さん!一番の問題は忘れ物!

続いては東京メトロの駅員さんに密着!

午前7時30分、大手町駅に出勤してきたのは駅員の樋渡直樹さん。

駅員さんはとにかく1人で何役もこなさなければいけない大変なお仕事らしい。

AM8:00

午前8時、点呼。

確認、注意事項をチェックしたら、

How much should I pay?(いくらですか?)

Two hundred and forty yen.(240円です。)

Two hundred and forty yen.

英会話のワンポイントレッスン。

AM8:20

午前8時20分、向かったのは千代田線綾瀬方面行きホーム。

6番線綾瀬行き発車致します。ドアが閉まりますご注意下さい。

乗客の安全を確認し、扉を締めていいか、発車していいのかの合図を車掌さんに出します。

AM9:00

午前9時、今度は帽子を脱いで定期券売り場の販売員に。

AM10:00

と思ったらまたもやさっきと同じ千代田線行きのホームへ。

6番線、蘇我市行き発車します。ドアが閉まりますご注意ください。

すると反対側のホームに移動。

5番線発車します、電車から離れてご通行下さい。

ラッシュ時以外は両側のホームを駅員1人で担当。

片方の列車を発車させたら反対側にはもう電車が・・・

さらに、

乃木坂ですと5番線側の電車になります。

お客さんの対応と樋渡さん大忙し。

AM11:00

そして午前11時、今度は改札での作業。

駅員さんは集中力と体力を維持するために1~2時間ごとに業務を変えているんだとか。

ホームはずっと集中していないといつ異常が起きるかわかりませんので。

改札に関しては少し・・・一息ではないんですけど・・・

分かります、分かります。

ずっと緊張しっぱなしではもたないですよね。

ところで改札の中になぜかおがくずが?

これ、どこの駅の改札にも改札にも置いてあるそうですが、なんで改札におがくずが置いてあるか分かります?

正解は、

「カブトムシを飼っているんですか?」

カブトムシではないんですが、ちょっと飲み過ぎてしまってご気分が悪くなったお客様が戻してしまったり、そういった時におがくずをかけて清掃するため。

それも駅員さんのお仕事なんですね。恐れ入ります。

AM12:00

お昼の12時、いつでも緊急出動できるように大手町駅事務室内でランチ。

PM1:00

1時間のお昼休みが終わると今度は事務室での作業が・・・

なんだかたくさんの駅員さんが電話でなにやら忙しそうにお話しています。

本部や沿線の駅からの連絡、各改札やホームへの指示、駅のトイレや券売機で困っているお客様への対応などなどひっきりなし。

丸ノ内線のA線で1人応援が欲しいとのことです。

A線?1人応援?

吉田行ける?ちょっと行ってもらっていい?

「どうしたんですか?」

車イスのお客様の対応です。

車イスのお客様が階段を上がるのを手助けする人員が欲しいというホームの駅員の連絡にも速やかに対応。

そして一番多いのが・・・

大手駅町のトイレでございますか?

樋渡さん、千代田線ホーム手前の多機能トイレへに行ってみると、

ありました。

お客様から忘れ物の問い合わせ。

大手駅町での忘れ物は多い時で1日で100件以上も!気をつけよう!

AM0:28

そして深夜0時28分。

大手駅町の最終電車が出発。

これで仕事が終わり・・・じゃない!

駅構内にまだ残っているお客様がいないか柱の影やトイレの中にと隅々までチェック。

駅の中を全部確認してようやく出入り口のシャッターを閉じることが出来るのです。

お疲れさまでした。

これから仮眠をとります。

あとは朝6時に起きてラッシュの8時までがお仕事。

おやすみなさい。

本当にお疲れ様です。

こんなに頑張っているんですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました