ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS] 孫正義会長兼社長「ぼろぼろでございます」7,000億円の最終赤字!

2019年11月6日

ワールドビジネスサテライト(WBS)

2つのサービスに共通項があるのをご存知でしょうか?

アメリカの配車サービス「UBER」、日本では宅配サービスの「UberEATS」が話題です。

そして、アメリカ発のシェアオフィス「wework」。日本でも東京を中心に拠点を増やしています。

この2社に共通しているのが「ソフトバンクグループとその傘下のファンドが巨額の投資をしているということです。

しかし、いずれも業績が低迷していることからソフトバンクグループの7月から9月期の決算はおよそ7,000億円の最終赤字となりました。いつも強気の孫正義会長兼社長ですが今回は何を語ったのでしょうか…

ソフトバンクグループ株式会社

[blogcard url="https://group.softbank/"]

午後4時から始まったソフトバンクグループの決算会見。

冒頭、孫正義会長兼社長は、

今回の決算発表内容ぼろぼろでございます。

真っ赤っかの大赤字。

3ヶ月の四半期決算でこれだけの赤字を出したのは創業以来のことでは。

ソフトバンクグループは11月6日、2019年7-9月期の決算を発表。およそ7,000億円の最終赤字となりました。4-6月期の最終損益は1兆円以上の黒字だったソフトバンクグループ。

赤字に転落した要因となったのは…

特に大きな影響が「ウィーワーク」。

私自身の投資の判断がまずかった。大いに反省している。

WeWork Companies, Inc.

[blogcard url="https://www.we.co/"]

これまでソフトバンクグループはシェアオフィス大手「ウィーワーク」を運営するウィーカンパニーにおよそ1兆円出資してきました。

しかし、そのウィーカンパニーでは先行投資がかさみ赤字が拡大。

日本経済新聞によるとピーク時には470億ドルほどとされていた企業価値は現在およそ80億ドルにまで減少しました。

さらに、

彼のいい部分について、そこの価値を見すぎていた。

ウィーカンパニーの創業者、アダム・ニューマン氏。

持ち前のカリスマ性で企業を急成長させるも奇行や薬物使用疑惑が浮上。9月にはCEO職の辞任に追い込まれました。

アーティスティックなところは非常に素晴らしいものがあった。

いい部分に目が行ってしまってマイナス部分は目をつぶったと反省。

ウィーワークショックとなった今回の決算。

しかし、火種はこれだけではありません。

運用額が10兆円規模のソフトバンク・ビジョン・ファンド。

これまでアメリカの配車サービス大手「ウーバーテクノロジーズ」や動画投稿アプリ「TikTok」を運営する中国のバイトダンスなど将来性の見込める、いわゆるユニコーン企業に積極的に投資してきました。

しかし、ウーバーは5月の上場後株価が低迷。初値から比べると30%以上下落しています。

岡三証券株式会社

[blogcard url="http://www.okasan.co.jp/"]

出資してきた企業の価値が大きく落ちたことで赤字に転落したソフトバンクグループ。

これについて専門家は…

岡三証券の小川佳紀さん、

いいときは利益を稼げるがマーケット等の環境によって利益が目減りする可能性がある。

一般の企業より利益の浮き沈みが激しい。

株価のボラティリティ(価格変動)も大きくなりやすいということも。

投資の上で注意が必要。

孫正義会長兼社長

しかし、孫社長はあくまで強気の姿勢を崩しません。

私から見れば大勢に全く異常なし。

嵐ではないと、平穏無事なさざ波であると。

ビジョン変更なし、戦略変更なし、このまま粛々と前に進む。

孫正義の決意であり、方針でございます。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-,