がっちりマンデー!! ビジネス関連

[がっちりマンデー]いつのまにか100店舗以上増えてた店(1)[食パン専門店 「一本堂」]

2021年2月14日

いつのまにか100店舗以上増えてた店!

IFC株式会社

[blogcard url="https://shokupan-ippondo.jp/"]

まずやって来たのは千葉県石川市の元八幡駅。

ここで待っていたのがいつの間にか100店舗以上に増えていたお店の谷舗治也社長。

「儲かってます?」

まあなんとかがっちり

ということで早速、がっちり行っているお店に案内してもうらうと…

こちらになります。

失礼ながら割とこぢんまりした感じ…

何のお店なのか、中に入ってみると、

こちらが売り場になっております。

食パンしかないんですけど。

こちら食パン専門のパン屋さん。

焼きたて食パン 一本堂。

お店の棚には食パンばかりがずらり。しかも普通の食パンだけじゃなくて生クリームやレーズン、チーズ、ココアなどなどいろんな味の食パンが並んでおります。

お値段は一斤290円から。

お店の前にはパン焼きスケジュールがあって時間になると奥の工房から焼きてたの食パンが出てくる。お客様はお目当てのパンの焼きたての時間をチェックして買いに来るんです。

常連さんに話を聞いてみましょう。

すごくパンが美味しくて、ちょっと遠いんですけど歩いて20分ぐらいかけて来ます。わざわざ。

大人気の焼きたての食パン、スタッフがいただいてみると…

「柔らかい、スゴく、ふわふわだけど、しっかりしていて美味しい。」

「耳も柔らかいですね。」

今まで耳が食べられなかったお子様にもすごく人気の商品になります

「儲かってます?」

一本堂元八幡駅前店の向後寿夫店長、

はい!

「売上げはどれくらいなんですか?」

だいたい月で350万円

年商で4,000万円ぐらい。

それはスゴい!

そんな儲かるパン屋さん一本堂はいま何店舗あるのか?

約130店舗ございます。

2013年創業の一本堂、その後フランチャイズで店舗を増やし、6年後に100店舗を達成。現在は全国に130店舗に。

しかし社長曰く、手作りパン屋さんがこんなにチェーンの数を増やすのはかなり異例のことらしい。

パンのフランチャイズ自体がそんなに多くないです。

「何でですか?」

技術の問題があると思います。

なるほど。手作りチェーンのパン屋さん場合、そのチェーンならではのパン作りを覚えなければいけない。この修業に何年もかかるのでなかなかお店を増やせない…

でも一本堂では…

2週間の研修があるので、しっかりと技術を学んで独立できます。

「2週間だけ!?」

「なぜ2週間の研修だけで出店できるのか?」

食パンだけと言うことが一番大きな理由。

一本堂のお店を出すために覚えなければいけないのは食パンの作り方だけ。だから2週間で覚えられるってことらしい。

研修の一番のポイントは生地のコネ具合。

コネ過ぎても、コネなさ過ぎてもダメ。一番美味しくなる生地の粘り気がどれくらいか、の見極めがパン作りの肝ってことでそこは講師が研修生にマンツーマンで徹底指導!

味の種類は多くても基本は同じなので食パン作りがちゃんとできればレーズンやチーズなどの材料を混ぜるだけで大丈夫。

さらに食パンだけのお店にすることでもう1つ大きなメリットが!

それはとにかくお店を出すコストがグッと下がるってこと!

普通のパン屋さんは惣菜パンを作るための調理場やレンジ、揚げパンを作るためのフライヤーなど、いろんな種類のパンを作るための設備費が1,500万円以上。そして広いスペースも必要になるんですが、一方食パンだけの一本堂はオーブンやミキサー、発酵機と成形機ぐらいで設備費は500万円ほど。3分の1以下、狭いスペースでOK。

「社長は元々パン屋さん?」

ではないです。

「なにをされていたんですか?」

飲食中心のフランチャイズの多店舗展開をお手伝いするコンサル。

「社長自身はパンは作れるんですか?」

理屈はわかりますけど作れないです。

社長も2週間、研修を受けてみては?

一本堂は食パンだけ作ってがっちり!

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/shokupan-ippondo"]

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/globridge"]

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/qol-net"]

-がっちりマンデー!!, ビジネス関連
-