ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]「オミクロン株」世界で拡大!どうする?年末の旅行&帰省[北海道白糠町]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

全日本空輸と日本航空が日本に到着する国際線の新規の予約を12月4日深夜0時から再開することが分かりました。

ただ新型コロナの新たな変異ウイルス、オミクロン株はアメリカやイギリスなどで市中感染されるなど世界で広がっています。

日本国内の感染者数はまだ抑えられていますが、年末年始の旅行や帰省にはどう影響するのでしょうか。

オミクロン株 世界で拡大!年末年始はどう過ごす?

東京都内、街行く人に年末年始をどのように過ごすのか聞きました。

自宅を選択した男性。

いまコロナは落ち着いているが、また出てくるのではないかい。

年明けまで様子を見てみようかな。

自宅を選択した男性。

自宅にいるかな。自宅で落ち着いてゆっくりできたらと思う。

一方、こんな人も。

帰省を選択した女性。

帰省に近いかな。新潟の実家に少し寄って宿に入る。

コロナなので自宅には入らないで外で土産を置いて帰る。迷惑かけるから。

50人に聞いた結果、旅行が6人、帰省は9人、残り35人が年末年始を自宅で過ごすと答えました。

都が独自の"オミクロン株"検査!ワクチン3回目接種時期は?

国内では2例目の感染が確認されているオミクロン株。

東京都の小池知事は12月3日に…

オミクロン株の感染者を早期に発見する検査体制の確立ということで。

東京都が独自に開発したオミクロン株を判別するPCR検査を12月3日にから始めたことを明らかにしました。

一方、ワクチンの3回目接種をめぐり動きも…

全国知事会は2回目から原則8ヵ月以上とする接種の間隔を6ヵ月に短縮するべきだと訴えました。

鳥取県の平井知事。

知事会の本意は可能であればワクチン接種の前倒しができればいいと考えているところ。

しかし、これに待ったをかけたのが東京23区の区長たちです。

緊急会見を開いた江東区の山﨑孝明区長は…

ワクチン接種を急に6ヶ月と言われても事務的に間に合うはずがない。

非常に厳しい。やれと言われれば何とかやるが、「ワクチンこないので打てません、お待ちください」としなければならない。

住民に迷惑をかけることにつながるので、そうしたことがないよう供給スケジュールを出してもらわないと早期に踏み切れない。

ワクチンの行方が不透明な中、アメリカの製薬大手「メルク」は厚労省に対し新型コロナの治療薬「モルヌピラビル」について日本国内での製造・販売の承認を申請。

認められれば初めての飲むタイプの抗ウイルス薬となります。

メルクはオミクロン株にも有効との認識を示しています。

オミクロン株 アメリカで市中感染!ヨーロッパで感染者の半分に!?

各国に広がるオミクロン株。海外では12月3日までにマレーシアやスリランカなどで新たに感染者が確認されています。

またアメリカではニューヨーク州で5人の感染が確認されたと発表。

ハワイ州などでも感染者が報告され、保険当局はすでに市中感染が起きていると指摘しています。

バイデン大統領は…

18歳以上で接種から6ヵ月以上経っている人は今すぐ追加接種を受けてほしい。

ワクチンの追加接種を強く促すとともに自宅での新型コロナの検査を無料にする方針などを打ち出しました。

こうした中、オミクロン株が初めて確認された南アフリカでは感染者が急増。

一日の感染者数は先週月曜日と比べ40倍近い1万1,000人以上となりました。

これを受け、ヨーロッパの疾病予防管理センターは今後、オミクロン株がデルタ株と置き換わっていく可能性が高いと指摘。

今後数ヵ月以内にオミクロン株がヨーロッパの感染者の半分以上占める可能性があると発表しています。

年末年始 旅行自粛でも…東京で北海道気分!?

60代女性。

本当だったら海外旅行に行きたいが今の状況だと家にいるしかない。

年末年始の旅行を諦めた人に少しでも旅行気分を楽しんでもらおうと独自の取り組みをしている自治体も。

サンス・エ・サヴールの鴨田猛料理長。

北海道、白糠町の特産品。

北海道の白糠町。豊富な漁場でとれる海産物やジビエが自慢です。

これらの特産品、ふるさと納税をしてくれた人へのお礼として都内の高級レストランで特別コースとして提供。

白糠町は小さな町だが海の幸、山の幸、乳製品、野菜も一つ一つの特徴がしっかりしている。

メニューは鹿肉のローストの他、サーモンとイクラを使ったスープなど6品。コース全体の7割ほどが白糠町の食材で占められています。

このレストランでは11月だけでおよそ50人がこのコースを利用。今月はその倍の予約を見込んでいるといいます。

コロナ禍で旅行に行けないなかで、こういう食材を東京のレストランでお客様が興味を持って楽しんでくれて、白糠町に旅行に行く、循環型の返礼品として魅力。

白糠町はこのレストランを含め、25店舗でふるさと納税のコースを提供。これまでにおよそ1億5,000万円の寄付を集めました。

白糠町の棚野孝夫町長は…

アフターコロナを含めて、いかに町に交流人口、関係人口を増やすか力を入れている。

しっかり将来につなげていきたい。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-