ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS][経済WEEK]チェンジ ゲームの常識!ゲームが育てる!技術革新とは?[株式会社サイアメント]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

実はいまゲームは日本の技術革新にとって欠かせない存在になりつつあります。

チェンジ!ゲームの常識

すごいリアルですね。

お~本当リアル。

ゲームが生んだ新たな技術が人の命を救う?

野田少子化担当大臣。

応援しなくてはとゲームをしない私でも思う。

ゲームが育てる!技術革新!リアルCGが人の命を救う

12月15日に開かれた最新のイノベーションを紹介するイベント「OPEN 異能 vation 2021」。

時刻がその場で書き込まれる時計に、動くシャツなど技術とアイデアを融合した展示が並びます。

その一角へやって来たのが野田大臣。

お~本当リアル。

大臣を驚かせたのはこの臓器のCG。見たい角度から人体の中が覗き込めます。

開発したのはベンチャー企業「サイアメント」の瀬尾拡史さん。

患者のCT画像を読み込んで、その場でCGを作れる。

こちらは「Viewtify(ビューティファイ)」という技術。

CTスキャンなどで撮影した500枚ほどの平面的な画像を2~3秒でこの立体的なCGに変換できます。

このCGを使えば診断が早くなるほか、難しい手術の練習に活用できるなど、医療技術の向上につながると期待されています。

実はこのCG、生みの親はゲームです。

ファイナルファンタジーとかに使われる。

CGのゲームエンジン(ソフトウエア)をベースに作っているのでめちゃくちゃきれい。

東大医学部に通いながらゲームなどのCGを制作する専門学校で学んだ瀬尾さん。

開発のきっかけは医師を志す中、現場で目にしたCGにショックを受けたことだといいます。

「これ何十年前のCGですか?」って。

すごくちゃち、医療現場のCGは。

操作性や文字の見やすさとか、ゲームの世界はめちゃくちゃ研究されている。

ビューティファイは新しい診断方法のひとつになるのではないか。

大臣からも期待する声が…

ゲームは日本強いと言われていたけれど、人の命を左右するものに返信してくれるなら応援しなくてはと。

ゲームをしない私でも思う。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-,