[がっちりマンデー] 劇的に進化!「保存」ビジネスの最前線!(3)

あの巨大業界にスゴい「ちびっこ企業」が!

儲かる!保存ビジネス!

スポンサーリンク

さとの雪食品株式会社

続いて向かったのはさとの雪食品。

この春から和食に欠かせないアレで新しい保存ビジネスを始めるとか。

保存食でがっちり!

すごいです!

というのは工場長の上坂英二さん。

一体、どんな保存食なのか?

こちらが我が社の保存ビジネスです!

「え?豆腐?」

さとの雪食品は国内はもちろん、海外向けにも作っている豆腐メーカー。

日本食ブームと相まって10年前の8倍の売上げらしいのですが、この春からさらにスゴい豆腐で勝負するらしい。

実はこれから常温で保存できる豆腐を販売。

常温保存の豆腐

4月に販売予定の常温で保存できる豆腐。

でも普通、豆腐って要冷蔵で賞味期限は2週間ほどですよね。

常温で保存できる豆腐って?

60日~90日ぐらい持ちます。

なんと豆腐が常温で90日持つってこれはスゴい!

そこで常温で20日経った豆腐を食べてみることに。

「普通の豆腐です。」

「めちゃくちゃ美味しいです。」

兎にも角にも何でそんなに長期保存が可能なのか?

無菌充填機

こちらの無菌充填機が秘密です。

ポイントは無菌充填機。

普通の豆腐は型で作り、パックに入れたものがお店に並びますが・・・

この作る途中で豆腐が空気に触れて菌が入ってしまいます。

ところが無菌充填の新型豆腐は豆乳をパックに封してから熱で固める・

だから無菌のまま豆腐が作れちゃう。

結果、常温でも長持ちするってワケ。

でも、上坂さん曰くこの作り方自体は15年前には出来たらしい。

乳業界で使われていたジュースや牛乳を無菌充填する機械。

今まで作れたのに、何でまたこの春から?

法改正

今までは法律で国内流通の豆腐は冷蔵で取り扱わなくてはいけなかった。

その法改正がありましたので常温で流通ができることに。

今まで日本の法律では豆腐は冷蔵が義務付けられていました。

なのでわざわざ常温保存が出来る無菌パックの豆腐は海外輸出専用だったとか。

しかし、はれて昨年、このルールの改正があり満を持して常温保存の豆腐を発売することに。

しかも無菌パックなら空気に触れていないので、味も出来たてのまんまらしいですよ。

さとの雪食品は常温保存出来る豆腐でがっちり!

スポンサーリンク