ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]北朝鮮を各国警戒!ミサイル発射に核実験準備も

ワールドビジネスサテライト(WBS)

韓国政府は5月25日に北朝鮮が早朝に連続して3発の弾道ミサイルを発射したと発表しました。核実験の準備が最終段階との新たな分析もあり、各国は警戒を強めています。

北朝鮮 ミサイル3発発射!核実験準備"最終段階"か

岸防衛大臣

北朝鮮は本日5時59分ごろ北朝鮮西岸付近から1発の弾道ミサイルを東方向に向けて発射した。

韓国政府の分析では発射されたのはICBM(大陸間弾道ミサイル)の「火星17号」。

平壌の順安(スナン)付近から発射され、およそ360キロ飛行。

その後、2発目の短距離弾道ミサイルは高度およそ20キロで消失。

3発目も短距離弾道ミサイルと推定されています。

いずれも日本のEEZ(排他的経済水域)の外に落下したとみられます。

5月24日までアメリカのバイデン大統領が日本と韓国を訪問。北朝鮮対応での連携を確認した直後を狙ったものとみられています。

松野官房長官

明らかな挑発行動であり、断じて許されない。

林外務大臣はアメリカのブリンケン国務長官、韓国の朴外相とそれぞれ電話で会談。北朝鮮の完全な非核化を目指す方針を改めて確認しました。

一方、韓国軍と在官アメリカ軍は日本海に向けて地対地ミサイルを発射する訓練を実施。

さらに別の訓練映像を公開。戦闘機が整然と並んでいますが、これはエレファント・ウォークと呼ばれる訓練で、多くの戦闘機を同時にかつ直ちに運用できることを示しました。

韓国 合同参謀本部の広報担当

北朝鮮の追加挑発を防ぐため韓米連合の迅速な攻撃能力を示した。

韓国政府は北朝鮮による核起爆装置の作動試験を探知したと公表。7回目となる核実験について一両日中ではないが、その後は十分にあり得ると指摘。

関係国は警戒を強めています。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-