[WBS]【イノベンチャーズ列伝】人類の眠りに「革命」!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

イノベーションで世の中を変えようと挑むベンチャー企業に焦点を当てるイノベンチャーズ列伝。睡眠の質を高めるという技術に迫ります。

眠りが良ければ仕事ははかどる。

寝ない人は世の中にいない。

睡眠で世界を変えようと挑むベンチャー企業とは?

株式会社ニューロスペース

Neurospace
企業向け睡眠改善プログラムを国内大手企業に提供し、企業の健康経営と生産性最大化を支援。最先端睡眠テクノロジーをもとに、睡眠評価デバイスと解析アルゴリズムも開発し、睡眠を軸とした自社プロダクト開発および共同研究実績多数。

ニューロスペース。2013年創業のベンチャー企業です。

その一角、薄暗い小部屋で眠っているこの男性が創業者の小林孝徳さん。睡眠で世界を変えようとしています。

睡眠がどれぐらい良かったかで日中のパフォーマンスが決まる。

これまで企業向けに睡眠改善の指導を行い、吉野家やDeNAなど大手が次々と採用。

述べ1万人以上がサービスを活用しました。

そして4月、従来のプログラムを進化させた新たなサービスを始めました。その実力とは?

坂手秀章さん

製薬会社に勤める坂手秀章さん。

会社の方針でニューロスペースの新サービスを使っています。以前、睡眠について大きな悩みを抱えていました。

眠るまでにかかる時間がすごく毎日バラバラで、長くかかった日ほど深い睡眠の量が少ない。

寝付きが悪く、浅い睡眠が続いていたのです。

坂手さんのように睡眠に不満を抱えている人は5人に1人ともいわれています。

翌朝7時、坂手さんは起きるなりスマートフォンを手に取っていました。

昨晩の睡眠の記録をアプリで測ったものを見ている。

坂手さんの睡眠の悩みを解決したというニューロスペースのアプリ「lee BIZ」。

合わせて使うのが白い板です。これが測定するマットレスの振動から睡眠時間はもちろん、寝つきにかかった時間や眠りが深かった時間を割り出します。

それらをAIが解析すると日中の眠気のピーク時間や本人にとって最適な睡眠時間まではじき出すことができます。

このアプリによって坂手さんの生活は大きく変わりました。

例えば、

アプリが朝食に温かいものをとるように提案してくれた。

朝7時10分に温かいものを飲む。それによって体内時計が整えられ睡眠改善につながるためです。

また朝の出社直後は頭を使う仕事に取り組む。特に集中力が高い時間だからです。

午後2時には会議を入れる。眠気のピーク時間に1人でいるよりは集中できるからです。

帰りは歩いて体温を上げる。夜、体温が下がったときに寝れば深い睡眠が得られます。

1ヶ月実践したところ、効果はテキメンでした。

以前は睡眠中、目が覚めてしまうことが何度かありました。

それが最近は一度もありません。

朝、すっきりしているし、しっかり疲れとれている。がんばろと。

ロート製薬株式会社

【ロート通販オンラインショップ】

坂手さんが勤めるロート製薬。このサービスを試験導入しています。

その結果次第では工場などにも広げる考えです。これまで従業員の6割が睡眠で悩んでいたといいます。

ロート製薬の健康経営推進グループ、西脇純子さん、

睡眠不足は日頃のパフォーマンス低下につながる。

工場だと安全性も非常に悪くなる。

企業としてしっかり取り組みたい。

きっかけ

新サービスが軌道に乗りつつあるニューロスペース。小林さんが起業を決意したのにはきっかけがありました。

転機は「医師の一言」

私が学生時代や社会人になってからひどい睡眠障害で苦しんでいた。

小林さんは次々と医師を訪ねては睡眠改善のノウハウを聞きました。

朝、強い光を浴びて体内時計をリセットするんです!それだけで変わりますよ。

こんなことで変わるのかな・・・

そしていつもどおりの時間に就寝すると翌朝、

あっ!頭がスッキリしてる!体もだるくないぞ!

それから小林さんは睡眠時間を記録したり、昼に仮眠をしたりと次々にアドバイスを実行しました。

すると、

頭が冴える!仕事がはかどる!

睡眠は「技術」で変わるんだ!

睡眠を正しく計測し、把握して、幅広い人に提供できる仕組みが睡眠の問題を解決するためにつながると思いスタートした。

いまは企業と契約し、従業員向けにサービスを提供しているニューロスペース。

さらに、

野望は「全人類に安眠を」

大手ベッドメーカー「フランスベッド」。

睡眠を感知する機械が最初から入ってるベッド。

睡眠状態を計測するマットレス。

フランスベッドやKDDIと共同開発しました。個人客の開拓をいよいよ本格化します。

世界で寝ない人は世の中にいない。

生まれてから亡くなるまで最高の眠りで人生を幸せにする。

そんな世界を作っていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました