ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト 白熱!ランキング

[WBS] 【ヒットの順番】ミュージアム

ワールドビジネスサテライト(WBS)

金沢21世紀美術館

[blogcard url="http://www.kanazawa21.jp/"]

2015年、北陸新幹線が開業し全国から訪れる観光客が大幅に増えた金沢。

中でも人気の施設が金沢21世紀美術館です。

入場者数は2015年度で237万人となり過去最多を更新。

古くから工芸の町として栄えた金沢の地元作家の作品や世界的アーティストが展示が並びます。

人気が高いのはレアンドロ・エルリッヒ作のスイミング・プール。水の中と外から見る景色の違いが楽しめます。

いま地域の重要な観光資源となっているミュージアム。

その魅力とは?

ミュージアムランキング

レジャー産業専門誌が発表した博物館や美術館のミュージアムランキング。

順位地名施設名
1位石川・金沢市金沢21世紀美術館
2位東京・六本木国立新美術館
3位東京・上野国立科学博物館
4位東京・上野東京国立博物館
5位広島市広島平和記念資料館
6位名古屋市名古屋市科学館
7位東京・台場日本科学未来館
8位横浜市カップヌードルミュージアム
9位福岡・太宰府市九州国立博物館
10位広島・呉市呉市海事歴史科学館

1位は冒頭で紹介した金沢21世紀美術館。

国立新美術館

[blogcard url="http://www.nact.jp/"]

2位は東京・六本木にある国立新美術館。

ルノアール展など、常に話題性の高い企画展が人気を読んでいます。

国立科学博物館

[blogcard url="http://www.kahaku.go.jp/"]

そして3位は上野の国立科学博物館。

地下では恐竜たちがお出迎え。しゃがんだティラノサウルスの模型は世界初。

トリケラトプスの骨は本物です。

小さな子どもたちが楽しめる遊び場も。

2015年、常設展の大規模なリニューアルを行い最新の展示内容になりました。

改装後、客層にこんな変化が、

楽しい。年も上だけど大人も楽しめる。

子どもだけでなく大人にも人気の観光スポットになっていました。

国立科学博物館の事業促進部、池本誠也部長は

科博(国立科学博物館)は子供中心のイメージがあると思うが、2対1ぐらいの割合で大人の方が多い。子供もワクワクして楽しめる。大人の鑑賞にも堪える展示を目指した。

上野「文化の杜」

[blogcard url="http://ueno-bunka.jp/"]

4位にランクインしたのも同じく上野の東京国立博物館。

上野にはこうした人を集める文化施設が数多くあります。

こうした特徴を生かそうと地域一帯となったプロジェクト「上野「文化の杜」新構想実行委員会」が立ち上がりました。

その中心人物、茅野雅弘さん。生まれも育ちも上野です。

上野は数多くの博物館・美術館があり世界に誇る日本文化の集積地。この魅力を世界に向けて発信していく。

茅野雅弘さんは上野をパリのルーブルなどに並ぶ世界有数の文化拠点にすることが目標です。

そこでまず始めたのが上野ウエルカムパスポート(2,000円)。

上野地区にあるミュージアムの共通入場券です。

利用できる施設は9館、期限である1月末までに4館以上行けば元が取れます。

今年、世界遺産になった西洋美術館もこのパスポートで入館することができます。

目的の美術館や博物館に行って、そのまま帰ってしまう。実はmおっと魅力的なものが他の館にもいっぱいある。そういったところも、ぜひ見てもらいたいという気持ちを込めて、このパスポートを発行している。

パスポートはこんなところにも。

終戦直後からアメ横で乾物屋を営む、小島屋の小島和久さん。

5,000円以上購入したお客様にパスポートをプレゼントしていました。

アメ横の人は似術館・博物館に行ったお客様が下に流れてくるのを期待している。これは一つのいい取っ掛かりになる。

上野では2020年までに観光客3,000万人を目指しています。

ミュージアムを起点に町を潤す。地域一帯となった取り組みが続きます。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト, 白熱!ランキング
-