スポンサーリンク

[WBS] [白熱!ランキング]”百貨店グルメ”のデリバリー[株式会社松屋]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

コロナ禍でお客様が店に来られないのなら届けようと百貨店が新たに始めたサービスが意外な需要をつかんでいます。

一体どんなものが売れているのか今回の白熱ランキングです。

株式会社松屋

松屋銀座
松屋銀座の公式ホームページです。営業時間、アクセス情報、フロアガイド、ショップ・ブランド、最新のイベント情報をご案内いたします。

東京・銀座の百貨店「松屋」。

百貨店のグルメといえばデパ地下に、上の階にあるレストラン街。

しかし・・・

松屋銀座本店の今井克俊さん。

新型コロナで来店できるお客様が一時は50%近くに減った。

そこで始めたのがデパ地下とレストラン街のグルメをバイク便で届けるサービスです。

各店舗が厳選した74種類のグルメを注文から最短1時間で配達。

コロナ禍の苦肉の策として始めたサービスですが意外なニーズを掘り起こしていました。

7位~10位

まずは7位まで。

7位 焼き鳥セット 地下1階 鶏陣 756円
8位 フルーツサンド 地下1階 ブレッドストーリー 594円
9位 牛サーロインステーキ弁当 8階 ダイニングバル コダマ 1,300円
10位 天ぷら盛り合わせ 地下1階 天一 1,296円

天ぷら盛り合わせ

10位は天ぷら盛り合わせ。

デパ地下の店頭では一つ一つ選ぶ楽しみがありましたが、デリバリーではそれが難しいためバリエーションを楽しんでもらえる吟味した5品をセットしました。

天一の馬場佳祐店長。

人気の帆立と小エビのかき揚げ、野菜のかき揚げ、エビ2本、ナスとタマネギ、人気の品がたくさん入っている。

牛サーロインステーキ弁当

9位にはレストラン街の牛サーロインステーキ弁当。

フルーツサンド

8位にはデパ地下のフルーツサンドがランクイン。

焼き鳥セット

そして7位は唐揚げ付き焼き鳥セット。

店頭ではまとめ買いするお客様が多いらしいですが・・・

鶏陣の定方潤司店長。

百貨店のデリバリーではいろいろな弁当や総菜を選ぶので、その中の1アイテムとして利用いただいている。

デリバリーでは違う店の商品を少しずつ組み合わせて買うケースが多いといいます。

4位~6位

4位 アボカドとハーブチキンのグリーンサラダ 地下1階 RF-1 864円
5位 和豚もちぶたロースかつ弁当 8階 とんかつ恵亭 2,000円
6位 黒毛和牛デミグラスハンバーグ御膳 地下1階 銀座初音 1,201円

和豚もちぶたロースかつ弁当&黒毛和牛デミグラスハンバーグ御膳

5位と6位はお弁当。

デパ地下の黒毛和牛デミグラスハンバーグ御膳(1,201円)にレストラン街の和豚もちぶたロースかつ弁当(2,000円)とちょっと高めのお弁当。

実はデパ地下の店頭では500円~600円のお弁当がよく売れるそうですが、デリバリーでは高価格帯のお弁当のニーズが高いといいます。

一体なぜ?

レストランに行けないとか、店に行けないということで高価格帯のちょっと贅沢な弁当をお求めいただくことが多い。

アボカドとハーブチキンのグリーンサラダ

4位に入ったデパ地下のサラダは他のお店のお弁当やお素材と組み合わせて買う人が多い商品。

2位~3位

いよいよ上位の発表です。

2位 炒飯 8階 銀座アスター 1,782円
3位 地下1階 寿司田 3,888円

3位の寿司はデパ地下にある寿司田。

その場で食べられるカウンターもありますが・・・

寿司田の深澤崇店長。

これまではイートインの方が7割。持ち帰りの方が約3割だった。

コロナ後にはほぼ逆転した。

デリバリーでの新たな需要に期待を寄せています。

炒飯

2位はレストラン街の銀座アスターの炒飯(1,782円)。

この日、デリバリーの注文が入りました。

9位に入ったステーキ弁当などと合わせて7個の注文です。

一体どんな人が注文したのか?

ついて行ってみることにしました。

注文からおよそ1時間。

届け先は都内の塗装会社「中村塗装店 丸の内営業所」でした。

一体なぜ百貨店のデリバリーを頼んだのでしょうか?

中村塗装店の種村智博さん。

会食がなかなかできない。仲間内でちょっとでもできればと。

やっぱり食事って楽しい時間なので。

実はコロナで新入社員の歓迎会もできなかったので少し贅沢な百貨店のお弁当で歓迎しようと思ったのでした。

1位

そして栄えある1位に輝いたのは・・・

1位 竹籠弁当 地下1階 茶懐石 三友居 3,780円

竹籠弁当

茶懐石 三友居の竹籠弁当。

こちらは京都・茶懐石の出張店。

だしをきかせた料理が特長です。

店頭で並んだ茶懐石で振る舞う惣菜を吟味して詰め合わせたのが竹籠弁当です。

三友居の本間義史店長。

店頭では夕食に食べる惣菜を買う人が多い。

デリバリーではお祝いや集まりなどに弁当を買うお客様が多い。

新型コロナを機に始めた新サービス。

新たな顧客ニーズの開拓につながっていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました