がっちりマンデー!! ビジネス関連

[がっちりマンデー]儲かる!あやしいフランチャイズ(3)[株式会社ジェイ・イシカワ]

儲かる!あやしいフランチャイズ

株式会社ジェイ・イシカワ

[blogcard url="http://www.jishikawa.com/"]

続いては東京・新橋にあるジェイ・イシカワって会社。

ジェイ・イシカワの石川潤治社長。

ジェイ・イシカワの石川です。

一体どんなあやしいフランチャイズでがっちりなのか?

ボロネーゼ専門店ビゴリ。

石川社長が始めたフランチャイズはイタリア北部ボローニャ地方発祥のパスタ「ボロネーゼ」の専門店。

メニューはパターン違いのボロネーゼ11種類。

食べ終えたお客様に話を聞いてみると…

今まで食べてたボロネーゼとちょっと違って肉がゴロゴロしてて美味しかった!

本場のボロネーゼが味わえるとあって人気急上昇中!

「何店舗あるんですか?」

14店舗です。

知らないでしょ!

確かに知らねーぜ!

実はこのビゴリ、今までにないあやしい方法でじわじわとフランチャイズを広げているらしい。

そこで神田にあるビゴリのフランチャイズ店に行ってみると…

こちらですね!コマツ神田西口商店街。

「名前がぜんぜん違うじゃないですか?」

でもビゴリのフランチャイズ店。

言っていることがあやしい。

メニューを見てもお酒のつまみがほとんど。

「どこがフランチャイズ?」

フランチャイズはこれです!

居酒屋のメニューの中に「BIGOLIの熟成チーズのボロネーゼ」って書いてあるぜ!

ビゴリはメニューだけをお店にライセンスしてる!

メニューの切り売り。

ビゴリのあやしいフランチャイズはボロネーゼのメニューだけをフランチャイズするという前代未聞のカタチ。

福岡の天神にある居酒屋さん「ナチュラルボロネーゼスタンド」のメニューにはこんなにでっかくビゴリのボロネーゼが載っている!

加盟店のメニューには違うお店であるビゴリのボロネーゼが入っているんです。

しかし、なんでわざわざメニュー1種類だけをフランチャイズするのか?

そこにはボロネーゼそのものに関わる大きな問題が…

コマツ神田西口商店街の相垣魁店長。

ボロネーゼは仕込みが大変。

本場のボロネーゼをそれぞれのお店で作るのは時間やコストがかかりかなり大変。

では、どれくらい大変なのか?

今回、特別に製造工程の映像を見せてもらえることに。

まずは肉を炒める工程。

巨大なフライパンを使って直火で焼きムラが出ないよう3人がかりでしっかりと焼いていく。

焦げすぎたお肉を一つ一つ手で取って手間ひまかけてる。

お店で作るとなるとずっと見てないといけない、そのうえ20~30分もかかるので効率が悪い。

工場でまとめて大量に作ったほうが効率がいいんです!

しかも、全ての工程が終わるまでの10時間、プロのシェフが付きっきりで品質をチェック。

さて肉をしっかりと焼いてカリッカリにしたらトマト、赤ワインなどを入れてじっくり煮込むこと6時間。ようやく完成。

お店でやるとなるとすごく大変!

でもビゴリのソースとパスタを使えばボールに湯煎したソースと茹でたパスタを入れてかき混ぜるだけと超簡単!

わずか5分で完成。そしてボーノ!

さて、ビゴリのボロネーゼを使うにはどのくらいお金がかかるのか?

加盟金は35万円~150万円。

食材を卸すことで少しだけ利益を乗せてる。

それががっちりポイント。

1食約50円の利益。

お店側は簡単に看板メニューが手に入る。

ビゴリは出店するリスクがないという新しい形のフランチャイズ。

これはまだまだ儲かりそうだ!

ビゴリはメニューだけのフランチャイズでがっちり!

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/sasafune"]

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/wiaas"]

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/jishikawa"]

-がっちりマンデー!!, ビジネス関連
-,