スポンサーリンク

[WBS][NEXT STAGE コロナとの戦い]株高で高級品が好調!?[株式会社ネクストトゥエンティワン]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

株式会社ネクストトゥエンティワン

メンズ ブランド腕時計専門店 通販サイト・ジャックロード
メンズ ブランド腕時計専門店ジャックロードは、高級ブランド時計の販売・買取を行っている通販サイトで、中野に実店舗もございます。送料、ラッピング、サイズ調整等無料!

日経平均が3万円の大台に近づく中、ある高額商品に注目が集まっています。

こちらは高級時計の品揃えが1,000点以上という専門店「ジャックロード」。

「時計の魅力?」

単純に見ていて楽しいのと車と違って一生着けていられる。

別にこだわりはなくて、なんとなくステータス的なもので。

案内された奥のエリアには・・・

ジャックロードの阿部賢一店長、

人気はスポーツモデル全般ではあるが、その中でもロレックスの「デイトナ」。

これが一番人気になっている。

デイトナはロレックスの中で文字盤の配列が機械的で美しいと人気になっています。ただ、価格も高騰していて定価814万円の「コスモグラフ デイトナ」は1,358万円と1.5倍以上の値段がついています。

試着させてもらうと、

すごく重厚感がありますね。存在感があります。

さらに、

最近でいうとデイトナの4,280万円の「レインボー」というモデルがある。

このモデルは定価1,180万円。販売価格は4,000万円以上するにも関わらずすぐに売れたといいます。

一方、株高になると販売が好調になるといわれているのが高級輸入車です。

5,800万円のフェラーリに3,480万円のアストン・マーティン。

家1軒と同じような価格の中古車が並びますがこちらの店舗「グロー・オートモーティブ」では去年の売上は一昨年と比べて1.2倍で過去最高を更新したということです。

グローオートモーティブの島澤武士店長、

株価が右肩上がりに上がっているのは非常に影響していると思う。

予算が2,000万円ぐらいで店舗を訪れたという男性は、

2,000万円ぐらいにならないかな。

いやあ、すばらしい。これ、本当に。

「これが2,000万円ぐらいだったら?」

買いますよ!

一方、スーパーでも消費行動に変化が見られました。

去年の緊急事態宣言中にあったまとめ買いがなくなり、必要な分だけ買って帰っているといいます。

ベニースーパーを運営する日東燃料工業の赤津友弥常務、

日持ちするものではなく、お客様の嗜好に合わせたものが売れている。

消費の現場では食品などが堅調ですが去年1年間の消費支出は前の年より5.1%落ち込んでいます。

コロナ禍の個人消費の行方はどうなるのか、大和証券のエコノミスト、末広徹氏は高級食パンに着目しました。

高級食パンという商材自体は食パンにしては高いが、比較的買いやすいというところがポイント。

ここ最近、1本1,000円程度する高級食パンが人気を呼んでいます。スーパーなどに並ぶ食パンと比べて数倍の価格にもかかわらず飛ぶように売れる店も。

こうした高級食パンをどれだけ購入しているか調べることでちょっとした贅沢「プチ贅沢」の消費を数値化できるといいます。

大元になっているのは家計調査の品目別。

そこに食パンがあって、1ヵ月に平均的な家族が消費した食パンの金額が出ている。

この金額と数量から単価を割り出し指数化。消費動向を調べるアンケート調査に比べ実際に購入しているデータを元にしているためより正確に表せるといいます。

高級食パン景気指数によると新型コロナによる1度目の緊急事態宣言から10月までに右肩上がりでしたが、11月に反転、12月にはさらに下落しました。

その理由は、

特に12月の下がり方が大きかった。

直近の冬のボーナスの減少が指数の下落に効いていると分析した。

帝国データバンクによりますと企業の32.5%で去年の冬のボーナスが減少。

これまで好調だったプチ贅沢にも陰りが見ててきているといいます。

12月の冬のボーナスの影響は1~2月まで続く可能性があるのでダウンサイド(下振れ)リスクが高まっている。

コロナ禍で巣ごもり需要は変わっていないが「プチ贅沢」の機運は少し落ちてきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました