ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]中国で初!水素燃料電池の○○が実用化

ワールドビジネスサテライト(WBS)

脱炭素の動きが加速する中、次世代のエネルギーとして注目されるのが水素です。

日本では水素燃料電池を使ったバスや乗用車の普及が目指されていますが、中国では12月22日から水素を使った意外な乗り物の利用が始まりました。

脱炭素は身近な乗り物から!中国 水素自転車レンタル

上海から車でおよそ3時間。江蘇省常州市。

上海支局の菅野陽平記者。

レンタサイクルの駐輪場にやって来ました。

12月22日からサービスが始まったのがこちらの青い自転車。横にはH2、水素と書かれています。実はこちら水素を燃料で走る燃料電池自転車です。

中国では初めて実用化された水素燃料電池自転車。

この自転車はフレームの中に小型の水素タンクを搭載しています。

その水素を使い、サドルの下にある燃料電池システムでモーターを動かします。

このレンタサイクルはスマホの電子マネー決済で利用が可能で、料金は20分ごとにおよそ36円。

車体重量は32キロと少々重めですが、その走りは…

走り出しは普通の自転車と同じですが、スピードがのってくるとモーターがアシスト始めました。かなり力強く押してくれます。

最高時速は23キロ。満タンで70キロの走行が可能です。

水素がなくなるとタンクごと交換。

また使用する水素は太陽光で発電した電気で製造するなど環境への負荷を極力減らしています。

開発した永安行科技の孫継勝社長。

全世界の脱炭素に非常に役立つ。

来年の年末までにこの街で1万5,000台の水素自転車を提供する。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-