ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]不要な衣料が変身!服リサイクルの新たな形[エイチ・アンド・エムヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパン株式会社]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

不要になった服を新たな服に生まれ変わらせる取り組みがアパレル業界で広がる中、服を全く別の形でリサイクルする動きが出てきました。一体どんなものに生まれ変わるのでしょうか。

服のリサイクル"新常識"!意外な商品に大変身

東京・池袋の駅前にオープンするH&M。

春服を陳列するこちらのテーブルをよく見てみると糸くずが見えます。

実はこのテーブル、H&Mジャパンで輸送の際に傷ついてしまった商品や汚れてしまい販売できない服のみで作られています。

このハンガーも服が原料です。

H&Mジャパン サステナビリティ・コーディネーターの山浦誉史さん。

非商材(売り物以外)に関してもリサイクルのものを使っていくのは非常に重要。

H&Mの依頼を受け服を原料にテーブルなどを作った会社がワークスタジオ。

ワークスタジオ 最高サステナビリティ責任者の草木佳大さん。

捨てられるはずだった衣類たちを何か救えないか。

服からボタンやチャックなどを取り除いた後、特殊な方法で服を粉砕。

それらと接着剤を混ぜ合わせ、熱でプレス加工して作っています。

洋服10~20着ほどでボードが1枚完成。強度は木材に匹敵するといいます。

原料と鳴る服や布などはアパレルメーカーや繊維商社およそ100社から調達しています。

繊維から他の商材は僕たちができればいい手助けになる。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-, ,