ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]中国ゼロコロナ影響拡大!家電買えない!?現場を取材

2022年5月4日

ワールドビジネスサテライト(WBS)

新型コロナの感染を徹底的に封じ込める中国のゼロコロナ政策の影響が広がっています。日本でも洗濯機などの商品が買えなくなったり、さまざまな商品の納期が遅れたりと私たちの身の回りにも影響が出始めています。

中国ゼロコロナ影響拡大!受注停止で家電が買えない!

角谷暁子キャスター

街の電気店にやって来ました。いま家電が手に入りづらくなっているということですが一体どういうことなんでしょうか、取材してきます。

日立製作所の商品を主に取り扱うこちらの店。店内には電子レンジやエアコンなどの白物家電が並びます。

角谷暁子キャスター

いま品薄な商品は?

みやでん
宮崎慎也さん

洗濯機が受注停止の状態。
完全に受注停止は初めて。

日立は中国の製造拠点がロックダウンの影響で操業停止となったため、洗濯機13品目の新規受注を停止すると発表。

この店にも連休直前に通知が届きました。

みやでん
宮崎慎也さん

街の電気店は在庫を常に持てない。
メーカーが在庫を持っていないと商売にならない。
こういうお知らせは本当に困った。

みやでんのような街の電気店は商品をお客さんの自宅に設置した後に料金の支払いを受けています。

今回の受注停止で店の売り上げにも懸念が…

みやでん
宮崎慎也さん

お客様への納品が遅れるので、お客様からの支払いもそれだけ遅れる。
販売サイクルがのびてしまうことが売り上げに直結してくる。

こうした受注停止に消費者はSNS上で…

軒並み品切れ!上海のロックダウンの影響らしい。2軒回ったけど同じ。

さらに別の方は…

上海のロックダウンで電子レンジの在庫が無いらしい。欲しいのは買えなかったよ。

このツイートをした細窪大吾さんです。15年使ってきた電子レンジが壊れたため量販店に行ったところ…

電子レンジを探した
細窪大吾さん

店員が「実は上海のロックダウンで電子レンジの在庫がない」と。
他の小売店に電話してみてもほしいモデルがやっぱりなくて。

パナソニックなどの一部の電子レンジはロックダウンによる工場の操業停止を理由に新規受注の停止を発表しています。

結局、細窪さんは欲しかったモデルを諦め、在庫がある電子レンジを購入しました。

電子レンジを探した
細窪大吾さん

希望ではないものを買って、次の日からは困らなかったが、欲しいものではなかったのがちょっと残念。

中国 ロックダウン続く上海!工場再開も正常化に課題

家電だけではありません。

ミズノは一部の野球用グローブで納期が遅れる可能性があると発表。

洋服の青山では一部のオーダースーツで納期の遅れを告知するなどさまざまな商品に影響が出始めています。

その原因となった上海のロックダウンはいまどのような状況なのでしょうか。

中国政府は経済への影響を抑えるため先月中旬から重点産業を中心に順次操業再開を許可しました。ただ、ロックダウン下での再開は簡単ではありません。

中国の靴下製造最大手のアジアソックス。日本の大手アパレルメーカーとも取引しています。

およそ半月の操業停止を経て上海の工場でよいやく生産を再開しました。

しかし…

アジアソックス
兪励副社長

9割の商品を上海で検品し、コンテナ単位で出すが、上海の検品センターのロックダウンでその作業ができない。

生産できても、検品できず出荷できなかったといいます。

ただこちらでは上海とは別の工場もあったため代替品を生産・出荷して対応したといいます。

また物流面でも…

アジアソックス
兪励副社長

上海港の能力自体がダウン。全ての商品が運送できても全ての船が3日間遅れ、1週間遅れということになる。

船の位置情報を記した地図、緑の丸が停泊する貨物船ですが上海港周辺には多くの貨物船が停泊し、港に入れず待機していると見られます。

中国 北京のロックダウンは!?60駅封鎖 最大地区で在宅勤務

また首都北京では感染対策が日に日に強化されています。

杉原啓佑記者

感染リスクが高いとされる地域の地下鉄の駅はきょうから封鎖されています。

閉じられた地下鉄の入り口。

北京市で5月3日に新たに51人の感染が確認されたことを受けて市内の地下鉄およそ60駅を封鎖しました。

杉原啓佑記者

封鎖はいつまで?

警備員

わからない。未定だ。

中国でもこの時期は大型連休ですがテーマパークは…

杉原啓佑記者

ユニバーサル・スタジオ・北京に来ています。ジェットコースターは連休中ですが全く稼働していません。

5月1日から営業を停止。再開の時期は現時点では明らかにされていません。

いつもはお客さんで溢れる商業施設もお客さんの姿はほとんど見られません。

さらに…

杉原啓佑記者

こちらのレストランは5月1日から5月4日まで店内の飲食を中止すると書かれています。

北京市内全ての飲食店で店内での飲食が禁止に。

店員

この連休は営業を取りやめている。

飲食店の営業は連休中持ち帰りのみに限定していましたが、北京市はその措置を5月5日以降も継続することに。

また市内で最も人口が多い地域を対象に連休明けの5月5日から原則在宅勤務を命じることも明らかにしました。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-