ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS] 消費増税の攻防(1)駆け込み需要をなくせ VS つくれ!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

WBSでは五夜連続でシリーズ消費増税「知られざる攻防」をお送りします。第一夜の今回は駆け込み需要の攻防に迫ります。

これまで増税のたびに起きてきた駆け込み需要ですが、今回はあるのでしょうか、それとも無いのでしょうか?

銀座ハリッチ

[blogcard url="https://www.haricchi.jp/"]

都内にある美容鍼灸の店。

特殊な針でツボを刺激し、顔を引き締める効果があるといいます。ここでいま増税前に駆け込み需要が…

銀座ハリッチの渡辺美緒院長、

回数券を買うお客様がすごく増えている。

1回1万4,000円の施術が5回分の回数券ではおよそ1,500円安くなります。

増税前に回数券を買い込むお客様が急増。8月は前の月と比べておよそ2割増えました。

大きく増えているのは10月の増税に向けてと感じる。

街の声

街の人に増税前の駆け込みについて聞いてみました。

どかっと買ってきた。ティッシュの入れ物。

ドラム式洗濯機、20万円のを買っておこうと。

おむつやおしりふきとか子どもにかかるものは買っておけたら。

しかし、一方では…

駆け込み需要?していない。

欲しいものがあまりない。

していない。

「5年前に?」

結構買い替えているのでそこまで買う物がない。

駆け込み需要

前回、2014年の消費増税前には大いに盛り上がった駆け込み需要。

自動車など高額な商品にも駆け込み客が殺到しました。

日産東京販売ホールディングス株式会社

[blogcard url="https://www.nissan-tokyo-hd.co.jp/"]

今回も自動車販売店の前には増税を知らせるのぼりが…

しかし、店内に人影はまばらです。

日産東京販売ホールディングスの吉田明生さん、

はっきりとした需要の山は感じられないのが現状。

ほぼ前年と同じか少し強い程度。

株式会社松屋

[blogcard url="http://www.matsuya.com/"]

百貨店でも前回のような駆け込みの勢いはなく4ヶ月連続の売上減。

松屋銀座では高級時計やジュエリーなどの売上は伸びていますが、前回の勢いは感じられないといいます。

松屋銀座の長砂亮平さん、

お客様が買い物に前向きなタイミングで商品を届けることが最優先。

在庫を4割増しで積み上げている。

株式会社高島屋

[blogcard url="https://www.takashimaya.co.jp/"]

日本橋高島屋では少しでも商品を喚起しようと秋冬モノを例年よりも1ヶ月半早く展開。

10万円を超えるダウンジャケットは8月頭からすでに60着以上販売していますが、こちらも駆け込みは局所的なものに留まっているといいます。

知られざる攻防

駆け込み需要はどこに行ってしまったのか…

そこには知られざる攻防がありました。

「駆け込み需要はみられているか?」

茂木経済再生担当大臣、

みられておりません。

菅官房長官、

前回(14年)の引き上げ時のような駆け込みはないのでは。

駆け込み需要はないと胸を張る政府。

今回は駆け込み需要による反動減を起こさないよう周到な準備をしてきたといいます。

軽減税率やキャッシュレス決済でポイントを還元する制度など増税後も家計への負担を減らすことをアピール。

消費の山や谷を作らない平準化を進めてきたといいます。

みずほ総合研究所株式会社

[blogcard url="https://www.mizuho-ri.co.jp/index.html"]

専門家は…

みずほ総合研究所の小寺信也主任エコノミスト、

前回よりそもそも消費が足元でそこまで強くない。

消費の「平準化」をやろうという対策が効いているのかな。

甘利明衆議院議員

増税対策に携わってきた自民党の甘利明衆議院議員。

駆け込み需要が起きていないことについて、

すごくいいこと。

「消費税引き上げる前も後も損はない」ということはかなり徹底した。

むしろ、ものによっては「消費税引き上げたほうがお得かもしれない」という雰囲気をかなり出してきた。

しかし、政府の消費の平準化対策に対し民間企業からは疑問の声も…

株式会杜ファジー・アド・オフィス

[blogcard url="http://www.fao.co.jp/"]

住宅展示場を運営するファジー・アド・オフィスの喜多川好史さん、

トータルで稼げるという意味では駆け込みがあった方が売り上げは取れる。

そういう意味ではどうなんですかねと。

不安の声

他にも低迷する消費に不安の声が…

政府の消費の「平準化」政策には正直困っている。

お客さまの買いたい気持ちを平らに抑えるのはどうなんだろう。

需要の「山」があったら登りたい。ただ「谷」だけないといいが。

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/haricchi"]

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/ohmachi-site"]

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/akishima"]

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/chusho"]

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-, , , , ,