ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]この冬の省エネ暖房対策は?60度の高温風で一気に暖め![株式会社富士通ゼネラル]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

世界経済の回復に伴い値上り続けている原油価格の影響でガソリン価格が9週連続の値上がりとなりました。

11月4日に発表されたレギュラーガソリン1リットル当たりの全国の平均小売価格は11月1日時点で168円70銭となり、前の週から1円40銭上昇しました。2014年8月以来の高値水準です。

原油価格が7年ぶりの高値圏となるなか、日本やアメリカ政府は産油国に対し増産を働きかけています。

OPEC(石油輸出国機構)とロシアなどの産油国で作るOPECプラスはオンラインで閣僚級会合を開き、来月以降の原油生産体制を協議します。

追加増産に踏み切るかが焦点で増産に踏み切らない場合、原油高が長引く可能性があります。

この原油の価格高騰は電気代にも影響を与えています。東京電力管内の一般家庭の平均的な電気料金の推移は1年間に1,000円以上も値上がりをしています。

来月分の値上げもすでに発表されていますが、電力需要が増える冬場を前に暖房機器メーカー各社は省エネと快適性の両立で商品をアピールしています。

株式会社富士通ゼネラル

[blogcard url="https://www.fujitsu-general.com/jp/"]

富士通ゼネラルが11月6日に発売するエアコン。

その名も「ゴク暖」。一体どんなものなのか。

富士通ゼネラルの空調機商品企画部、平律志主席部長。

高温風モード、60度の高温風を吹き出す。

足元の温度を40度まで温める機能がある。

部屋を短時間で一気に暖めることができる急速暖房機能が付いたエアコンです。

それを可能にしたのが室外機です。

コンプレッサーを大型化した。

室外機は氷点下になると凍ってくるので凍結防止するヒーターをつけた。

室外機を暖めるヒーター。しかし、こうした機能をつけて省エネにつながるのでしょうか。

特にこたつは1つのエネルギーで1暖める性能になるが、エアコンに使われているヒートポンプ技術は1の消費電力に対し3~5倍のエネルギー能力を出す。

エアコン1台で部屋を強力に暖めることができるためこたつやストーブも使わずに済み、結果的に省エネにつながるとしています。

では急速暖房機能のないエアコンを使っている家庭ではどうすればよいのでしょうか。別のメーカーに聞くと…

コロナの西片誠さん。

当社が勧めるエアコンとファンヒーターの2台使い。

エアコンも十分暖かいがどうしても足元が暖まらない。

まずはファンヒーターで暖めていただく。

床に置かれた石油ファンヒーターからは温風はこちらの画像のように足元に送られます。そのため足元から暖まるのが特長です。

一方、部屋の上部に設置されたエアコンは上の方から部屋全体を暖めます。

2台使いはこの特徴の違いをうまく組み合わせているというのです。

そして今年、石油ファンヒーターに追加したのが「ターボ」。

スイッチを入れると3分間、通常出力よりも1割強力に暖めます。

新型コロナで換気の頻度が上がっていることを踏まえ室温をより早く暖める機能を加えました。

ただ気になるのは両方使うことによるコストですが…

コロナの技術本部、山吹陽介さん。

最初はランニングコストが高くなるが、その後はそれぞれ弱運転に落ちる。

弱運転に早く入れることができるので、そこでコストの差を縮めることができる。

即暖性が得られることは使い勝手がいい。

この会社が行った実験によると室内を同じように暖めた場合、短い時間だとエアコン単体で使うほうがコストが抑えられますが、2時間以上使い続けるとほぼ同じコストになります。

2台使いが素早く暖まるという快適性と省エネを両立した結果になったといいます。

さらにダイキン工業では暖かさをアップさせようとある機能を重視しています。

それが…

ダイキン工業の広報、重政周之さん。

湿度を高めておくと暖かく感じるので。

設定温度を必要以上に挙げなくても暖かさを感じられると思う。

こちらは湿度が低い状態と高い状態で体温を計ったサーモグラフィー。湿度の高いほうが手の指先まで色はくっきり映り、表面温度が高くなっていることが分かります。

湿度があることで暖かさを感じる効果があるというのです。

こちら「うるさらX」という商品。暖房しながら加湿ができる。

室外機が外の水分を集め、内部のフィルターでゴミや花粉を取り除き、湿気を部屋に送り込みます。

コロナ禍で空気への関心も高まり、うるさらXの4-9月の販売台数は前の年に比べて20%増えました。

省エネ性を高めるための商品開発をずっとやってきている。

もう一つ、お客様のエアコンの使い方次第で省エネにつながることもあると思っている。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-,