ビジネス関連 モーニングサテライト 輝く!ニッポンのキラ星

[モーニングサテライト]【輝く!ニッポンのキラ星】全ての入居者にネット環境を!札幌発 Wi-Fiで急成長[株式会社ファイバーゲート]

モーニングサテライト

地域で奮闘する企業を取り上げる「輝く!ニッポンのキラ星」。

今回は札幌からです。今でこそ当たり前のように使っているWi-Fi、ネットをより身近にしようと奮闘を続けてきた企業を取材しました。

全ての入居者にネット環境を!札幌発 Wi-Fiで急成長

Wi-Fiで急成長を遂げた企業が札幌市にあります。

ファイバーゲート。

従業員は221人、札幌を中心に首都圏など6つの都市に展開しています。

年間1万5,000台のWi-Fi機器を製造し、設置、電気通信サービスまで一貫して手掛けています。

およそ20年前に創業以来売り上げは右肩上がり。2019年には東証一部上場を果たしました。

NTTなど大手キャリアが参入するこの業界で業績を伸ばしてこられた秘密は…

ファイバーゲート 経営企画部
中野夢佳担当次長

こちらが当社がWi-Fiを導入させていただいた物件。
コロナの影響で在宅ワークをする人が増えてWi-Fiは大変好評をいただいている。

住まいの規模にかかわらずWi-Fiが使えることは今や当たり前になっていますが、こうした小規模な物件からの依頼こそがこの会社の強みなんです。

ファイバーゲート
猪又將哲社長

入居してから自分で設定する手間もなく、すぐWi-Fiが使える。
しかも月額利用料は無料である。
今は色々な物件がこうしたサービスを提供しているが、我々は先駆者の一社だと思っている。

大手が手がけない所を狙え!フリーWi-Fiの先駆者

2003年、札幌市で誕生したファイバーゲートは当初大手通信会社の代理店としてスタート。

しかし、猪又社長は次第に営業の仕方に疑問を抱くようになります。

ファイバーゲート
猪又將哲社長

大手は採算性の問題があり、小規模物件には手を出していなかった。
大手は50部屋、100部屋以上の分譲マンションからスタートした。

当時、大手は利益率の高い大規模物件からサービスを着手。

小規模な集合住宅では住民が個別に業者を呼び、ネット環境を作ってもらうしか手段がありませんでした。

ファイバーゲート
猪又將哲社長

日本の集合住宅は3分の2が小規模物件。
大手が入ってこない小規模物件に僕らは入っていこうと。

ところがある課題が…

有線LANが主流だった当時、まずは自分たちで部屋にケーブルを引こうとしましたがコストが高くなりすぎたのです。

そこで目をつけたのが当時まだ浸透していなかった無線LANのWi-Fi。

既存の小規模物件に取り付けたところ低コストでネットが使えるように。

そして2005年秋、入居時からネットが利用できる「Wi-Fi無料」の賃貸マンションというサービスを始めました。

機器は建物の壁に埋め込み、室内に余計なものを置かないようにしました。

すると導入するところが相次ぎ、業界のスタンダートになっていきました。

この日、営業担当者が訪れたのはマンションのデベロッパーです。既存のマンションにWi-Fiを設置したいというのです。

ファイバーゲート
営業担当者

こちらの無線コンセント。賃貸住宅では割と主流になってきている。

営業担当者は常に機器を持ち歩き、細かく説明を行います。

これらも全て小規模物件に合わせ自社開発したもの。市販のものよりも価格を抑えられるのです。

マンションのデベロッパー
トラスト・インベストメント
國保友宏さん

今は自宅で仕事をされる方も非常に多いのでWi-Fiは需要がある。
こちらの希望に対してすぐ動いてくれるのは他の会社とファイバーゲートは違うところかなと。

住宅向けWi-Fi事業を軌道に乗せる一方、2009年にファイバーゲートは観光地の施設や商店街向けのフリーWi-Fiサービスを開始。

利用者

お店を探す時、とても役に立つ。

今でこそ端末やキャリアに関係なく無料でネットを使えることは普通のことですが、ファイバーゲートは大手より先行してこのサービスの拡大を担ったといいます。

ファイバーゲート
猪又將哲社長

当初、通信キャリアは自分達のユーザーのためにWi-Fiを引いていた。
契約者のためのWi-Fiなので該当するキャリアと契約していない端末は使えなかった。
我々はそれを改善するためにキャリアに関係なく誰でも使えるWi-Fiのサービスをはじめた。

コロナ禍で定着したテレワークも追い風となり、売り上げはおよそ85億円。純利益は10億円を超えました。

ネットでよりスマート生活へ!

今後は災害時でもネットが途切れないよう衛星を使ったサービスや、さらにWi-Fiの技術力を生かしスマートフォンひとつで鍵を施錠したり、電化製品を遠隔操作できるスマート住宅など顧客目線の新たなサービスを狙います。

ファイバーゲート
猪又將哲社長

我々が今注力しているのが病院や介護施設。
コロナ下でお見舞いに行けない方がリモートでお見舞いできるなどWi-Fiが活用できるのではと思う。

-ビジネス関連, モーニングサテライト, 輝く!ニッポンのキラ星
-,