[がっちりマンデー] 業界新聞の記者に聞いた!せまい業界トップニュース!(1)

業界新聞の記者に聞いた!せまい業界トップニュース!

業界新聞の記者に聞いた!せまい業界、トップニュース2018!

スポンサーリンク

月刊食堂株式会社

やって来たのは文京区・湯島にある月刊食堂。

発行部数は月8万2,000部。

坪月商50万円超えの怪物店特集や繁盛酒場の全メニュー徹底研究などなど、飲食店の儲かる秘密が詰まった外食業界の専門誌。

がっちりマンデーにはもう10回以上登場している通山茂之編集長。

今年の飲食業界のトップニュース、何ですか?

外食業界でトレンドになっている業態がスタンド酒場なんですよね。

「ってことは立ち飲み?」

立ち飲みではなくて、大衆酒場と立ち飲みの中間。

スピーディーな居酒屋。

エグいぐらい儲かってます。

とにかくエグいぐらい儲かるいまスタンド酒場が全国に急増中!

こういう手があるのかって僕もビックリしました。

なんでも相当儲かるらしい、このスタンド酒場。

その中でもお手本のように稼いでいるのが大阪にあるということで恒例となった編集長自らご案内!

こちらです。

大衆食堂スタンド「そのだ」。

大衆食堂スタンドそのだ

こちらがそのスタンド酒場「そのだ」。

パッと見は庶民的な外観ですが、なぜか店の横には空席待ちの長蛇の列が。

中に入ってみると、コの字型のカウンターはお客様で満席。

確かに大衆酒場と立ち飲み屋さんの中間のようなこのスタイルがスタンド酒場。

客層は若い女性からはたまた家族連れまで実に幅広い。

すると通山さん、何かを発見!

社長、そこで飲んでますよ。

「あれ?社長さんですか?」

はい、社長です。

園田崇匡社長

このかなりカジュアルな男性がスタンド酒場「そのだ」の園田崇匡社長(37歳)。

早速、気になる質問を・・・

「月商はいくら?」

月商は・・・1,000万円くらい。

怪物級の売上げです。

月商1,000万円っって年商1億2,000万円じゃないですか!

これは噂以上の儲けっぷり!

一体、何でそんなに稼いでいるのか?

通山編集長によると「そのだ」には様々な仕掛けがあるらしい。

すごく細かい所まで考えられていて、お客様の深層心理に訴えるいろんな工夫がある。

儲かるスタンド酒場「そのだ」のからくりその1 普通そうで普通じゃないメニュー

短冊に書かれたメニューを見てみると、

パクチーヨダレやっことかメキシコキュウリ。

結構変わっている。

豆腐にパクチーと蒸し鶏をふんだんに乗せた「パクチーヨダレやっこ」。

キュウリをタバスコで漬けた「メキシコキュウリ」。

そのださん、庶民的で親しみやすいけど他では見たことない、その絶妙なラインを狙ったメニューを並べています。

前例があるものをメニューに置くと、前例と比べられる。

初めてのメニューを置いたら、そこがは初めてなので一番になれる。

お家では食べられそうで食べれないメニューを置くことで、わざわざお客様も足を運ぼうという気持ちになる。ってわけ。

儲かるスタンド酒場「そのだ」のからくりその2 刺激的なメニューを定番ではさむ

こちら一見よくある短冊のメニューに食べ物や飲み物を乱雑に書いてあるのかと思いきや、ここにもスタンド酒場で儲ける仕掛けが!

定番メニューと刺激的なメニューは同居させたほうが相性がいい。

良い方を頼みたくなる。

確かにこの一角を見てみると「パクチーヨダレやっこ」と「冷や奴」、「だしどうふ」と豆腐メニューが並んでる。

でもこの両サイドはあくまでもパクチーヨダレやっこを頼んでもらうための心理学的メニュー配置。

消費者の心理をよくついている。

さらに梅と紫蘇の焼酎をフローズンにした女性に人気のお酒「バイス」のメニューにも、

3杯までって書いてあるんですけど、何で3杯までなんだ?

バイスだけ3杯までと書くことによって他のお酒より希少価値が高そうって思わせる作戦。

これによってバイスはこのお店のお酒の売り上げNo.1に!

儲かるスタンド酒場「そのだ」のからくりその3 絶妙なチラ「のれん」

一体どういうことなのか?

と編集長と園田社長、何やら外へ・・・

「何をされてる?」

のれんのノウハウを確認したところで。

通山編集長が確認していたのはこの「のれん」。

のれんのノウハウで売り上げがめちゃくちゃ上がった。

今までののれんとは違う概念で作った。

パッと見、普通ののれんに見えますが、どのへんが今までと違うんですかね?

ここの隙間の間隔が重要で。

20cmにした。人の顔がすっぽり入る大きさ。

確かにこののれん、顔が入る20cmの隙間が、これまた園田社長の計算なんです。

ちょっとだけのぞきたくなるようなチラリズムみたいな。

確かにこの絶妙な隙間、チラチラ見えて中が気になる。

足止めって言葉があって、店の前で足を止めるかで来店の確率が変わる。

確かに外を歩いている人を見てみると中の様子が気になっています。

楽しそうな店だから早く入りたい!って。

どんな店かわかるから入りたくなる。

実は園田社長、この絶妙なチラリズム感を出すために何度も試行錯誤していて、2年前のオープン時にはのれんは小さく、窓はすりガラスだった。

これじゃあ中が全然見えないと窓を透明にしたんですが、今度は中が見えすぎてワクワクしない!

そこでようやく辿り着いたのが現在のちょうどよい20cmの隙間の空いたのれん。

この外観になってから月商は300万円アップしたというからスゴい!

スタンド酒場の粋を集め月商1,000万円の怪物スタンド酒場になった「そのだ」。

今後もますます、

がっちり!

ですね園田社長!

スポンサーリンク