ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]政府1月7日 3県に適用決定へ!沖縄・山口・広島にまん延防止

2022年1月6日

ワールドビジネスサテライト(WBS)

新型コロナの新たな変異ウイルス、オミクロン株による感染拡大が続いています。

1月6日に新たに感染が確認された中で最も多かったのは沖縄県で過去最多の981人。東京都では641人と前の週の同じ人比べておよそ10倍に増えています。

こうした中、政府は関係閣僚会議を開き、沖縄など3つの県にまん延防止等重点措置を適用する方針を固めました。

政府 3県にまん延防止適用へ!日医会長「第6波に突入」

岸田総理。

3県の感染拡大への早期対応を図る観点から「まん延防止等重点措置」を適用するとの諮問を行うべきであるとの結論に至った。

政府は沖縄・広島・山口の3つの県についてまん延防止等重点措置を適用する方針を固めました。

期間は9日から今月末までを想定していて、1月7日に正式に決定します。

沖縄県の玉城知事。

オミクロン株の感染力の強さはまさしく驚異的と言わざるを得ない。

沖縄県など3県は飲食店に営業時間の短縮や酒類の提供制限などを求める方針です。

また、この3県にはある共通点も…

オミクロン株の感染拡大の大きな起因の一つが米軍基地であることはまず間違いない。

3県はいずれもアメリカ基地関係者から感染が広がった可能性が高いと見ているのです。

沖縄県ではキャンプ・ハンセンでクラスターが発生。

広島との県境に近い山口県岩国市の岩国基地では700人以上の感染者が出ているためです。

こうした事態を受け、林外務大臣は1月6日にアメリカのブリンケン国務長官と電話会談しました。

外出制限の導入を含め、感染症拡大防止の措置と強化を強く求めた。

1月6日に新たに感染が確認されたのは全国で4,000人以上。4,000人を超えるのは去年9月以来です。

日本医師会の中川会長。

新型コロナウイルス感染症は全国的に第6波に突入したと考えている。

今後、飲食店なのへの休業命令も可能となる緊急事態宣言が再び発令されるのでしょうか。

1月6日にBSテレ東の番組収録に臨んだ岸田総理。

最悪の事態は絶えず想定しておかなければいけない。

必要であればさまざまな人流抑制等の取り組みは用意しなければいけない。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-