ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]中国「ゼロコロナ」事実上崩壊!"感染急拡大"再び?市民は…

2022年12月12日

ワールドビジネスサテライト(WBS)

中国では新型コロナウイルスの規制が大幅に緩和され感染拡大への不安が高まっています。病院には長い行列ができ、市民生活に影響も出ているようです。

中国「ゼロコロナ」事実上崩壊
"感染急拡大"再び?市民は…

先週、ゼロコロナ政策が大幅に緩和された中国。12月12日も新たに制限緩和の動きが…

北京支局
杉原啓佑記者

こちらのアプリ、中国国内を移動した際に私の行動履歴が管理されるアプリですが、このアプリが明日から運用が停止されるということです。

2020年に導入された行動履歴追跡アプリ。過去7日間に移動した場所などを管理することで市民の行動を厳しく制限していましたが一転、12月13日から運用亭が停止されることに。

また北京駅を訪れると…

北京支局
佐藤真人記者

北京駅の前に来ています。
省をまたぐ移動に伴うPCR検査が撤廃されたため平日ですが、旅行客の数が増えているようです。

あちこちでスーツケースを引いて歩く人の姿が。国内の移動が再び活発になりつつあるようです。

中国政府によると感染者はピーク時の5分の1ほどに減っています。

一方、政府の制限緩和とともにPCR検査場は次々と閉鎖。検査数が大幅に減っていることから感染者の数が実態とかけ離れているとの指摘もあります。

実際、北京市内のある病院では…

北京支局
杉原啓佑記者

北京市内の病院の前です。発熱外来の前には列ができています。

熱が出た患者の専用受付には外まで続く行列が。中国メディアによると病院に6時間以上並び続けた人もいたといいます。

さらに北京ではここ数日、救急車の出動要請が通常の6倍にあたる1日3万件に急増。市当局は重症者以外は救急車を呼ばないように求めています。

感染の急拡大への不安から市民の生活にも大きな影響が…

先週、営業を再開したばかりのショッピングモールでは閉店の看板を立てかけるスタッフの姿が…

普段は多くの人で賑わうレストランフロアもお客さんの姿はありませんでした。

さらに…

北京支局
杉原啓佑記者

大変なことになっていますね。
段ボールが百個や二百個では足りませんね、何千個近く山積みになっています。
全部、通販の箱ですね。

中国メディアによると感染拡大により配送員が不足していることから配達にも大きな遅れが出ているというのです。

こうした状況に中国の国営テレビは…

感染症専門家
鍾南山氏

感染者の99%が一週間ほどで回復する。

これまでゼロコロナ政策の正当性をアピールするため、国民の警戒心を高めてきた中国政府。今度は国民の不安を取り除こうと躍起になっています。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-