ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]日中国交正常化50年!日本企業が見た日中関係

ワールドビジネスサテライト(WBS)

9月29日で日本と中国が国境を正常化した日中共同宣言からちょうど50年になります。都内で開かれた記念式典では日中で人気が高いプロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが出席するなどお祝いムードでした。しかしその一方で中国は尖閣諸島や台湾などで覇権主義的な動きを強め日中両国には緊張感が続いています。こうした日中関係を日本企業はどう見ているのでしょうか。

日中国交正常化50周年

冷え込む関係に経済界は…

9月29日、都内のホテルで開かれていたのは…

角谷暁子キャスター

日中国交正常化50年を迎え、こちらの会場では式典が開かれています。経済からも多くの人が集まっています。

1972年に国交が正常化した日本と中国。

その50周年を祝う式典に現役の大臣や国会議員が参加。経済界からも中国でビジネスを展開している大手企業の関係者が数多く訪れていました。

現在の日中関係について聞いてみると…

伊藤忠商事
岡藤正広会長

中国の国民自身が非常に長期でものを考える国。
われわれも長期で物事を考えていければ、そのうちに改善が見えてくるのでは。
やがて雪解けが来ると思う。

経団連
十倉雅和会長

世界と中国の経済関係はサプライチェーンの中で組み込まれている。
世界は中国なしではやっていけない。
中国も世界なしではやっていけない。日本も同じ。

関係改善を期待する経済界。

さらにこんな意見も…

オリックス
シニア・チェアマン
宮内義彦氏

政治的な友好関係、トラブルがないということでないと安定した経済活動ができない。
平和の上に経済が発展するというのが一番あるべき姿。

政治的な関係改善がビジネスにも不可欠だという声も聞かれました。

しかし…

尖閣・台湾 関係改善の糸口は…

司会

岸田総理と習首相の間で交わされたメッセージを紹介する。
安定的な日中関係の構築を進めていきたいと思います。

スクリーンには日中両国の首脳の姿はなく、交わしたメッセージが大写しに。

岸田総理は今回、経団連などから招待を受けましたが「祝賀ムードは乏しい」との判断から出席を見送ることに。

尖閣諸島や台湾をめぐり緊張感が高まったままの日中関係。

岸田総理は改めて記者団に問われると…

岸田総理

主張すべきことは主張し、責任ある行動求めつつ諸懸案を含めさまざまなレベルで対話をしっかり重ねていく。

中国の姿勢に日本側が苦言

一方、国交正常化50年を祝う催しは北京でも。中国政府や進出している日本企業など日中合わせておよそ200人が参加しました。

実は主催したのは民間の団体。中国政府とは距離をおいたかたちの開催です。

全人代常務委員会
丁仲礼副委員長

習首相が指摘しているように中日関係の長期的な健全かつ安定した発展は両国民の根本的な利益に合致している。

式典には日本の垂秀夫駐中国大使も出席。

日本
垂秀夫駐中国大使

相互理解が十分に進まず、ましてや相互信頼はまったく醸成されていない。
この点では国交正常化以降もっとも厳しい状況にある。

最近の中国側の姿勢について「国民間の交流が一方的となったり制限されたりしている」と苦言を呈しました。

30年以上ビジネス続ける中小企業は…

中国東北部の大連。旧満州国の玄関口で日本と関係の深い街です。

ここで30年以上ビジネスを続けている日本の中小企業があります。兵庫県に本社を置く松井味噌です。

中国向けに新たに開発したラーメンスープが人気を呼び、売上高は進出当時の2億円から80億円に拡大しました。

去年8月に大連にオープンした小京都。東京ドーム13個分の敷地に京都の街並みを再現したという商業施設です。

松井味噌はここにカフェやカレー店など3つの飲食店を出店。新たなビジネスとして中国での飲食店事業に乗り出しました。オープン当初は大勢のお客さんで賑わいましたが…

日本に侵略された場所にこんな街をつくるのか、過去の痛みを忘れたのか。

日本色を全面に押し出したことがネット上で炎上騒ぎに。わずか1週間で小京都は営業停止に追い込まれました。

閉鎖から5ヵ月後、今年2月に再びオープンしましたが施設名は京都の文字はなく、金石という現地の地名を使った名前に変更されていました。施設も中国国旗や中国風の提灯が並び、広場には漢服を着た女性が伝統楽器を演奏するなど日本色を排除したのです。

松井味噌は運営会社から中国色を強めるため中華料理であるラーメン店にするよう指示されました。

さらに…

松井味噌
松井健一社長

店名を松井拉麺にすると言ったら「松井は日本人の典型的な名前のイメージがあるから松井の文字は使わないでくれ」。
いろいろとクレームがつくので「味噌拉麺」という店名にした。

日本の外食企業ではこのところ新型コロナの影響もあり、居酒屋のワタミなど中国市場から撤退している企業も少なくありません。

先日は丸亀製麺が中国にあった全ての店舗を閉鎖しました。

振り回される中国ビジネスですが、今後の事業展開について松井さんは…

松井味噌
松井健一社長

配当の大きさから考えると取るべきリスクだと思う。
日本だと1,000社ものみそ会社がある。
中国は14億人の市場で日系企業は2~3社。
中国市場は一番魅力的。収益が出たら新しい工場をつくって攻めたい。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-