がっちりマンデー!! ビジネス関連

[がっちりマンデー]儲かる!「引き算ビジネス」!(3)[キヤノン株式会社]

2020年8月16日

儲かる!「引き算ビジネス」!

キヤノン株式会社

[blogcard url="https://canon.jp/"]

続いてやって来たのは東京・大田区にドーンとそびえ立つキヤノン本社。

開発担当の加藤寛人さん、キヤノンの引き算ビジネス教えて下さい。

キヤノンの引き算商品はこちらになります。

「これデジカメなんですか?」

デジタルカメラになります。

こちらが引き算デジタルカメラ「インスピックレック(1万5,180円)」。

かなりシンプルな見た目でいろいろと引き算していそうですが…

加藤さん曰く実はカメラにとって一番大事なあるモノまで引き算しちゃったんだとか。

このカメラは液晶がないので落としたりラフに扱ったりしても壊れません。

引き算したのはカメラの液晶画面。

確かに裏側にも液晶画面がない。

でも被写体を見定める液晶もファインダーもなしでどうやって撮影するんですか?

瞬間的に撮るには液晶じゃなくても枠があれば十分なんです。

液晶の代わりはこの枠。

写したいものを枠の中にちょうど収まるように写せば液晶がなくても結構いい感じに撮影ができちゃう。

どんな写真が撮れたかの確認は専用のアプリを使って後からするって仕組み。

でもよく考えてみるとこれでは一見ただの不便なカメラですよね…

加藤さん、どうしてこんな引き算をしたんですか?

スマートフォンでは苦手なシーンを狙ったカメラになります。

インスピックレックのコンセプトはスマホカメラの苦手なことをやる。

やはりスマートフォンにはお財布機能も入っていたりしますので落として壊れたりって言うのは嫌だと思うんですね。

最近のスマホは高性能化の影響で本体価格が10万円以上なんてことも。

だからうっかり落として壊すなんてことがあるともったいない!

だったら機能をなるべく引き算して安くて壊れにくいカメラを作ればスマホカメラより使ってもらえるはずと加藤さんは考えたのです。

実際にこのカメラの開発中にモニターを務めた女子高生は…

海に遊びに行ったんですけどスゴい岩場の海でしてスマホを持っていくのが怖かったんですよ。

もし落とした時に画面が割れちゃうから。

でもこれだったら割れる心配はないので。

まさに狙い通り!

コレはいけるとアウトドア向けに防水機能なども強化。

さらに枠はフック状にしてバッグなどに引っ掛けられるように。

「不便じゃないんですか?」

不便さが逆にいいみたいな。

スマホだとボケてる写真を撮った瞬間にすぐに削除してしまったりすると思うんですけど、違う意味でそういうのが話のネタになったりとか。

液晶のないシンプルさが若者世代に意外に好評!

昨年の秋にクラウドファンディングサイトで試験販売をしたところなんと12時間で1,000台が完売というからスゴい!

あと流行ってるポーズ何かな?

キョンシー?

シュウペイ?

あ!シュウペイだよ!

ちょっと古くない!?

あっちょっと古かったか。

正式に商品化した現在も売れ行きは好調とのことです。

キヤノンはインスピックレックでがっちり!

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/irisohyama-7"]

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/morinaga-5"]

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/canon-5"]

[blogcard url="https://lovely-lovely.net/business/pitdesign"]

-がっちりマンデー!!, ビジネス関連
-,