ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]ホームセンター×生活雑貨店!カインズ 東急ハンズを買収[株式会社カインズ]

ワールドビジネスサテライト(WBS)

ホームセンター大手のカインズは12月22日、都市部を中心に雑貨店を展開する東急ハンズを買収すると発表しました。

背景には何があるのでしょうか?

カインズ 東急ハンズを買収!将来的な名称変更も

カインズの高家正行社長。

両社で価値を創造していくシナジーを発揮していけたら。

東急ハンズを買収する意味を語ったカインズの高家社長。

ハンズが生活雑貨の販売で培った「目利き力」などを生かして成長を加速させる姿勢を強調しました。

ハンズは当面営業を続けるものの、将来的には名称を変更する見通しです。

お客様は…

そうなんですか、えー。

東急ハンズが一番っていうのがあったのでちょっと寂しい。

カインズも結構好きなので合わさったらどうなるのかちょっと楽しみ。

昔から渋谷に一番最初からあるイメージ。ちょっと残念な気がする。

ハンズというとおしゃれなイメージがあるので。

ホームセンターというとありきたりかなって印象を受ける。

1976年に創業した東急ハンズ。多くの生活雑貨を揃えて人気となり、国内外に86店舗を展開しています。

しかし、雑貨店同士の競争激化や新型コロナの影響で収益が悪化。

今年3月期の売上高は631億円と前の年から大幅に減少。71億円の最終赤字でした。

買収の狙いについて専門家は…

ムガマエ 経営コンサルタントの岩崎剛幸代表取締役。

カインズは都心の一等地に店を出したい。ハンズが出店するエリアは最高の立地。

カインズが得意とするのが郊外への大型ホームセンターの展開。

一方、ハンズは都市部に多くの店を構えています。

ともに日曜大工などに使うDIY用品を強みとしていて互いを補う効果が大きいといいます。

カインズはアフターコロナを狙い、もう一段階ここでギアを上げて次の時代を作る経営にシフトする。

他の会社にとってとても驚異。他の流通業界の再編に加速をつける格好になる。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-, ,