ビジネス関連 ワールドビジネスサテライト

[WBS]アメリカ中間選挙まで2週間!トランプ派 思わぬ苦戦のワケ

ワールドビジネスサテライト(WBS)

アメリカの中間選挙まで10月25日でちょうど2週間となりました。下院は与党・共和党の過半数の奪還が有力視される中、注目されているのがトランプ前大統領から推薦を受けるいわゆるトランプ派候補の動向です。トランプ氏同様、熱狂的な支持を集め、選挙戦を優位に進めると見られていましたが、実は思わぬ苦戦を強いられています。

どうなる?アメリカ中間選挙
"トランプ派"苦戦のワケ

アメリカ中西部ミシガン州第2の都市グランドラピッズ。古くから続く上質な家具の生産が現在も経済を支えています。

家具の街とも呼ばれるこの地域でいま注目を集めているのが下院の椅子をめぐる争いです。

ワシントン支局
中村寛人記者

トランプ前大統領から推薦を受けるギブス氏です。支援者らに直接支持を訴えています。

野党・共和党の候補者ジョン・ギブス氏は日本で7年間宣教師を努めた異色の経験を持つ弁護士。トランプ前大統領からの支援を受けアメリカ・ファーストを掲げるいわゆるトランプ派の候補です。

この日、支持者らを集めた集会では…

野党 共和党
ギブス候補

この選挙は民主党 対 共和党というより狂気 対 正常の戦いだ。
1リットルあたり280円もするガソリンを誰が欲しいのか?
電気自動車を買うよう強制されたい?政府が買えと強制することは問題だ。

トランプ氏さながらストレートな表現で会場を沸かせるギブス氏。支持者からは…

ギブス候補の支持者

彼は国をバラバラにする人たちからアメリカを取り戻すために必要な人物だ。

現在、野党・共和党が議席を握るこの選挙区。ギブス氏はトランプ氏の支持者からの応援を受け選挙戦をさらに優位に進めると見られていました。

しかし今、与党・民主党のスコルテン候補にリードを許す展開になっています。

こうした状況にギブス氏は…

野党 共和党
ギブス候補

マスコミの報道に惑わされないでほしい。

なぜ共和党が強い地域にもかかわらずギブス氏が劣勢となっているのか?

共和党の支持者ながら中間選挙でギブス氏には投票しないというモーケルさん。

共和党の支持者
モーケルさん

私は民主党のスコルテン候補に投票する。
"トランプ派"は極端な視点、場合によっては憎しみに満ちた視点を持っていて賛同できない。

この選挙区の現職は共和党"穏健派"の議員。モーケルさんは共和党の候補者には政権を握る民主党と協力して課題を解決する姿勢が大切だといいます。

こうした穏健派の支持者や無党派層の票がトランプ色の強い候補ではなく、民主党の候補に流れているとメディアからも指摘される中、ギブス氏にも変化が…

ギブス候補の母

私の息子は謙虚すぎるのよ。

親しみやすい面を有権者にアピールするためか、自らの母親の出演するコマーシャルを制作。巻き返しを図っています。

共和党の支持者
モーケルさん

明らかにトーンが大きく変わった。いずれにせよ極端なアメリカの姿はアメリカ人にとっても世界にとっても誰にとっても良いことだとは思えない。

-ビジネス関連, ワールドビジネスサテライト
-