スポンサーリンク

[WBS]【THE行列】日本初!川でサケ釣り!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

今の時期、北海道の川にはたくさんのサケが遡上してきます。今回はそのサケを目当てにした行列です。

忠類川サケ・マス有効利用調査実行委員会

忠類川サーモンフィッシング
The Churui River is the birthplace of Japan's salmon fishing.

海の向こうに北方領土、国後島を望む町、北海道の標津町。

砂利道の林道を進むと・・・

小さな小屋の前に行列が。

彼らのお目当ては、

サケです。

釣りというより格闘技。

格闘技に例えられる釣り?

戦う相手はこんなやつだ!

標津町

標津町は日本でも有数のサケの漁獲量を誇るサケの町。

観光客に人気なのがサケをふんだんに使った丼。

いくらに町の特産品の鮭節、そして切り身などを乗せた贅沢な一品です。

町を流れる忠類川。

川の中の黒い影は全て産卵のため海から遡上してくるサケ。

ここは日本で初めてのサケを釣ることが出来る川です。

サケ釣り

10月上旬、やって来た団体客。ほぼ初心者です。

ガイドの指示に従い、いざ忠類川へ。

釣り糸を垂れ、待つことしばし・・・

奥の女性にヒット!

すごい!持っていかれそう。

隣の女性にも引きの強さを体感してもらいます。

これはすごいわ。

めっちゃ重い。

二人がかりでも釣り上げられず、結局手で引き上げてもらいました。

念願のサケとの記念撮影。

しかし・・・

サケは川へ帰っていきました。

ところが皆さんはお気づきでしょうか?

日本の川で許可なくサケを釣ることは水産資源保護法などに違反し密猟とされます。

なぜこの川では違法ではないのでしょうか?

その秘密は受付にありました。

承認証

これ承認証になります。

お客様が受け取ったのは町からの承認証。

「サケマス有効利用調査従事者」、つまり調査目的でサケを釣ってよいという証明です。

このシステムを作り上げたのが地元で自動車整備会社を経営する藤本靖さん。

若い頃から釣りが好きで海で合法的にサケを釣っていたところ地元の漁師から思わぬ苦情を受けたといいます。

「なぜ俺たちの糧のサケを勝手に釣るんだ」と言われた。

なんとか川で釣りをする方法はないのかと。

そこで藤本さんは漁ではなく資源調査という手法を考え出しました。

調査目的なので釣ったサケは持ち帰らず原則逃します。

さらに釣りができる時期や範囲を厳しく制限するなどルールを設定することで1995年、全国で初めて合法的に川でサケを釣ることが認められたのです。

今では全国から釣り好きが集まってくるといいます。

「調査員は何人?」

延べ5万人を超えている。

うちの町5,000人だから10倍。

町の旅館は満員。

釣り人が喜び、町が潤う。

町は今日もサケとともに生きています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました