5月11日は「鵜飼開き」です。

長良川鵜飼

今日は「鵜飼開き」です。

岐阜県岐阜市の長良川の長良川鵜飼(ながらがわうかい)は毎年5月11日から10月15日まで行われます。

長良川鵜飼

鵜飼は1,300年ほど前から行われている漁ですが、現在では古典漁法を今に伝える観光として行われています。

長良川鵜飼は毎年5月11日から10月15日まで行われる鵜飼で中秋の名月と増水時を除く毎夜行われます。

そのうち宮内庁の御料場で行われる8回の鵜飼は「御料鵜飼」と呼ばれ、獲れた鮎は皇居へ献上され、明治神宮や伊勢神宮へも奉納されます。

長良川における鵜飼は日本で唯一皇室御用の鵜飼で、長良川の鵜匠は職名を宮内庁式部職鵜匠といいます。
身分は国家公務員になります。

長良川の鵜飼用具一式122点は国の重要有形民俗文化財、長良川鵜飼漁法は岐阜県指定重要無形民俗文化財となっています。
また、鵜匠家に伝承する鮎鮓製造技術、長良川鵜飼観覧船造船技術、長良川鵜飼観覧船操船技術は岐阜市指定無形民俗文化財です。

全国的には鵜飼漁をする人は「鵜使い」と呼ばれていますが、長良川鵜飼では世襲制のため古くから「鵜匠」と呼ばれています。

が捕った鮎は「歯形の鮎」といわれ、鵜のくちばしの痕が付いています。
くちばしで鮎を瞬殺するため新鮮で美味しいといわれています。

この鮎は通常市場では出回ることのない貴重で高価なものだが、観光旅館やホテルによっては鵜匠と契約し鵜鮎を賞味できる所もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする