11月10日は「トイレの日」です。

トイレの日

今日は「トイレの日」です。

一般社団法人日本トイレ協会が1986年に制定しました。

「いい(11)ト(10)イレ」の語呂合せです。

トイレ

我が家のトイレはINAX(現LIXIL)のトイレです。

1階と2階に各1ヶ所、合計2ヶ所あります。

リビングもある1階のトイレはお客様も使用すること、メインで使用することを考えてグレードアップして少しだけ良いトイレにしました。

標準プランに10万円くらい追加したと思います。

それでも正直、トイレに関してはTOTOが良かったと思います。

一番の違いはウォシュレットです。

うまく説明はできませんが、TOTOのウォシュレットは細かい水がピンポイントでお尻にあたってくれるんです。

INAXのウォシュレットはお水があたる範囲が広くてピンポイントではないのです。

嫁の実家が最近リフォームしてTOTOのトイレに変えましたが、本当に羨ましいトイレです。

長く住み続ける家、その中でも重要なトイレ、もう少し色々と試してから購入すればよかったです。

と言っても、トイレやお風呂って展示場に行っても体験することができなので難しいですよね。

トイレやお風呂まで体験できる展示場ってできないもんですかね。

お風呂は無理でもトイレはできそうな気がするんですが・・・

災害用トイレ

今回、「トイレの日」ということで始めて一般社団法人日本トイレ協会のホームページを見ました。

そして最初に目に入ったのが「災害用トイレ」です。

我が家では災害バッグの準備をしていますが、その中に災害用トイレは含まれていませんでした。

よく考えたら災害時にトイレは必須ですよね。

男性は最悪の場合、どこでも大丈夫ですが女性はそういう訳にもいきませんよね。

我が家には女性は嫁しかいませんが、嫁のためにも災害バッグに災害用トイレも準備するようにします。

災害時にトイレが使えない苦しみは阪神大震災でも味わっています。

一番、嫌なのは臭いです。

汚物の臭いが部屋の中までしたら本当に気分が滅入ります。

あの経験を嫁や息子にさせないためにも備えあれば憂いなし。

我が家の災害用バッグの中身の追加項目にしっかりと入れておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする